ミャンマーで韓国系工場などの労働者が賃上げ求めストライキ

ミャンマーで韓国系工場などの労働者が賃上げ求めストライキ

2015年02月20日14時23分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ミャンマー・ヤンゴン近郊で韓国系および中国系の縫製工場労働者4000人余りが賃上げを要求してストライキに入った。

  20日、AP通信が報道によると、縫製工場が密集しているヤンゴン近郊にある公団2カ所の労働者は、前日賃上げを要求してストライキを行った。また、この要求が受け入れられない場合、街頭で座り込みを行うと威嚇した。

  労働者は物価上昇により、現在の8万チャット(80ドル)の月給では生活できないとし、今の超過勤務手当て17セントを倍に引き上げるよう要求した。

  企業主と労働者、政府代表は今月に入って賃金交渉を行っているが、まだ合意に達するに至っていない。ミャンマーに進出した韓国縫製企業は140社余りに達し、彼らが雇用した人材は10万人余りにのぼることが伝えられている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事