危機の韓国自動車、販売不振長期化の可能性

危機の韓国自動車、販売不振長期化の可能性

2017年08月31日06時37分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界自動車市場の「ビッグ2」である米国と中国の需要減少を受けて、韓国自動車のグローバル販売不振が長期化するだろうとの見通しが出された。

  30日、韓国のウリィ金融経営研究所は報告書「米中自動車市場の営業環境の悪化に伴う国内自動車産業の影響」を通じて、世界自動車市場において最も規模の大きな米国と中国の需要が鈍化したことを受けて韓国自動車は両市場での占有率も落ちていると指摘した。

  研究所は、米国市場は下降局面に入っていると判断される一方、中国は税制優遇が終了する2018年にさらに需要が鈍化する可能性があると予測している。このような中で韓国自動車は需要変化などに対応できず競争力が弱まっているという。米国市場では、スポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックの需要が高いためセダンの販売は振るわないのに、韓国車はセダン中心のラインナップを維持していて主力モデルも古くなった。

  中国では、「現地は低価・大衆的-海外は高価・高級」というブランド認識が弱まって競争が激化したが、韓国車はブランド価値と価格競争力の両面で特徴を強く打ち出せずにいる。このため韓国車は2015年から販売実績が市場成長率を下回っている。

  ウリィ金融経営研究所関係者は「最近の米中自動車市場における韓国車の不振は、消費者の好みの変化などの構造的要因に対応しきれず競争力が弱まってしまった側面がある」とし「米国と中国の営業環境が悪化していて、韓国車の競争力回復は容易ではない状況なので、韓国車のグローバル販売不振は長期化する可能性がある」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事