漫画に登場する「黄金バット」が済州道の洞窟に…

漫画に登場する「黄金バット」が済州道の洞窟に…

2017年01月19日17時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
済州金寧窟で「黄金バット」と呼ばれる赤いコウモリ一羽が棲息していることがわかった。(写真=JNuri)
  漫画に登場するような「黄金バット」が韓国内で生息していることが分かった。

  18日、済州(チェジュ)の地元メディア「JNuri(ジェイヌリ)」の報道によると、済州世界自然遺産の万丈窟(マンジャングル)と金寧窟(キムニョングル)で胴が黄金色の赤いコウモリが発見された。赤いコウモリは絶滅危惧種Ⅰ類で、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種の関心対象として保護されている。

  韓国内でも天然記念物第452号として指定されている。

  赤いコウモリは2008年、済州道洞窟研究所の万丈窟学術調査によって非公開区間で1匹、2011年同研究所のモニタリングで1匹など、2匹が生息している姿が確認されたことがある。

  今回は、金寧窟で1匹がさらに確認された。

  赤いコウモリはヒナコウモリ科に属し、体の長さは4~6センチで胴は黄金色を帯びており、翼の部分は黒色となっている。

  そのため、「黄金バット」や「クロアカコウモリ」とも呼ばれている。

  全世界で約1000種余りが存在している。

  そのうちの21種が韓半島(朝鮮半島)に生息しているものと把握されている。

  夜行性で雄雌の性別比が不均衡なことから1年に1、2匹の子を産む。

  生存個体数が少なく、まだ体系的な研究が行われていない。

  万丈窟と金寧窟は洞窟の入口が多数あり、冬季にも摂氏10度内外の温度を維持していることから、コウモリが冬眠するのに最適な条件を備えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 済州金寧窟で「黄金バット」と呼ばれる赤いコウモリ一羽が棲息していることがわかった。(写真=JNuri)
  • 1968年、東洋放送(TBC)で韓国最初に放映されたアニメ映画『黄金バット』