「射撃場を確保できなければ韓国での米戦力維持は不可能」

「射撃場を確保できなければ韓国での米戦力維持は不可能」

2006年06月16日15時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ベルコート在韓米8軍司令官は16日、「梅香里(メヒャンリ)射撃場が閉鎖された後、それに代わる空対地射撃場を用意できず訓練ができないのは(韓米)両国軍にとって大きな挑戦になっている」とし、「この問題が解決されなければ(米軍は)韓国で空軍戦力を維持できない」と明らかにした。

  ベルコート司令官は韓米協会主催の朝食講演会で「韓米駐屯軍地位協定(SOFA)によると、代替の射撃場は韓国が提供することになっている」とし、このように述べた。

  国防部は今年2月、全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)沖のジク島射撃場に空対地射撃訓練のための自動採点装備(WISS)の設置を進めていたが、現地住民の反対で3月2日にこれを撤回した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事