“視界ゼロ”の韓日関係…知韓派教授「ゴールポスト動かすなら…」(1)

“視界ゼロ”の韓日関係…知韓派教授「ゴールポスト動かすなら…」(1)

2018年12月06日16時09分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
仙台で金起林を考える「日韓市民ネットワーク」所属のメンバーが先月30日、仙台東北大学で金起林の詩碑「海と蝶」の除幕式を行った。(写真=在仙台総領事館)
  韓日関係が視界ゼロ状態だ。10月30日、韓国大法院(最高裁)の初の強制徴用賠償判決に続き、先月21日には和解・癒やし財団の公式解散、続く29日には2つ目の大法院賠償判決が下されながら1965年韓日基本条約締結以来、最大危機に直面しているという言葉が出るほどだ。韓日関係氷河期の始まりという言葉も出ている。政治では支持層を意識して代案のない決定を次々と出し、相手国大使を呼んで抗議し、政治家は連日刺々しい言葉を吐き出しているが、韓国人と日本人は今日も会って別れてまた会っている。先月30日、仙台の東北大学では「日韓市民ネットワーク」が日本強占期の韓国モダニズムを代表する詩人・金起林(キム・ギリム、1908~?)を賛える詩碑を建立した。日本国内では尹東柱(ユン・ドンジュ)・鄭芝溶(チョン・ジヨン)に続き3人目だ。詩人・金起林は1936~39年に同校で学んだ。この日、東京からは、2010年朝鮮王室儀軌返還に決定的な役割を果たした故仙谷由人氏の追悼式に彼が「政治的師匠」と呼んだ崔相龍(チェ・サンヨン)元駐日大使が駆けつけて追悼の挨拶を述べた。

  先月27日、仙台の東北学院大学で会った松谷基和准教授(43)は東北地方で韓国学を教える数少ない人物だ。松谷氏は東京大学(修士)-ハーバード大学(博士)で韓国近代史を専攻した。松谷氏は生まれて初めて知った韓国人が金大中(キム・デジュン)元大統領だったと言った。教会牧師だった父親と高等学校社会科教師の叔父は、韓国の民主化支援に情熱を傾けていた。松谷氏は「父親は牧会をする傍ら、日本とアジア諸国の和解のために故郷福島に国際交流センターという小さな団体を作った。私は農業技術や日本語を学びに来た韓国、中国、ベトナムなどアジアの学生たちと一緒に暮らした」とし「自然に年上の韓国人たちと交流が生まれ、韓国に対する親近感と関心が生まれて大学の時に延世(ヨンセ)大学に留学した」と話した。松谷氏は「韓国に行くと父や叔父のが話していた理想的な韓国とは違った」としつつも「失望はしなかった。かえって韓国政治、社会、歴史に対する好奇心は高まり、結局、韓国研究者になった」と付け加えた。

  --金起林の詩碑建立に参加したきっかけは。

  「あまり知られていないが、中国の知性とあがめられる魯迅が東北大学の留学生だった。東北大学に魯迅記念碑と銅像がある。15年前に訪日した当時江沢民中国国家主席はわざわざ時間を作って仙台を訪れて献花をした。日中関係が非常に良くなかった魯迅の留学当時(1902年ごろ)、彼を熱心に指導した藤野教授という人がいた。魯迅は中国に戻った後、藤野教授を賛える文章を書き、いま中国の教科書にその文章が載っている。金起林の詩碑建立も私には同じ意味がある。東北大学出身の金起林の詩碑を建立したのは始まりにすぎない。魯迅のように金起林の留学時代を復活させて(それが)韓国と日本を橋渡しになるよう願う」

  --韓国で日本の詩人の詩碑を建立することは期待しにくいが。

  「なぜそうなのかは知っている。敗戦の影響で戦後日本には国を信頼しない進歩指向の市民が多くなり、たとえ多数はではなくても自分の考えを堂々と主張する文化が定着した。自身の主張ができる空間は韓国よりも日本が今はるかに広い。今後、韓国と深い関係を結び韓国文化を愛する日本人を称える碑が韓国に建てられることを期待している」

“視界ゼロ”の韓日関係…知韓派教授「ゴールポスト動かすなら…」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事