防弾少年団、NYで北米ツアーのフィナーレ… 4万人が韓国語で歌った

防弾少年団、NYで北米ツアーのフィナーレ… 4万人が韓国語で歌った

2018年10月08日12時59分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
世界的K-POPグループ防弾少年団(BTS)が6日夜(現地時間)、米ニューヨークのシティフィールドで「Love Yourself」米ツアーの有終の美を飾るフィナーレ公演をしている。(写真=Big Hitエンターテインメント)
  6日午後(現地時間)、米ニューヨークのペン・ステーションでシティ・フィールドに向かうロングアイランド鉄道(LIRR)の列車の中。数時間後開かれる防弾少年団(BTS)の公演に行く女性ファンたちが三々五々集まって韓国語の歌を口ずさんでいた。突然形成されたフラッシュモブの現場。初対面だが、BTSのファンはみんな友達と思って気まずくない。メジャーリーグ野球団ニューヨーク・メッツのホーム球場であるシティ・フィールドの主人はこの日に限ってK-POPグループのBTSだった。BTSのファンを意味する「Army(アーミー)」4万人が殺到した。先月5日、ロサンゼルスから始めてオークランド・シカゴなどを経てニューヨークで北米ツアーのフィナーレを飾るBTSだが、彼らを送る北米地域のファンたちが大勢集まった。

  15回にわたる公演に22万席がすべて10分以内に売り切れた。シティ・フィールド公演1週間前から広場にテント村が形成され、公演2日前にはBTSメンバーを少しでも近く見ようとした熱血ファン数百人がテントを張って寝泊まりをしていた。CBSニューヨークは「シティ・フィールド周辺にテント村が作られた」とし「彼らは暴風にも屈せず、席を守った」と伝えた。先月29日、ニュージャージー州ニューアーク公演が終わるやいなや、タクシーに乗って広場に一番最初に来たというエミリン・ホワイトさんは「シティ・フィールド公演が12回目」として「英国ビートルズがニューヨークに初めて足を踏み入れた時のようにBTSの北米ツアーは記念碑的」と話した。

  今回の公演は韓国歌手で初めての米国スタジアム公演だ。経済月刊誌フォーブスは「BTSは野球場で公演したレディー・ガガ、ビヨンセのようなアーティストの仲間入りを果たした」と評価した。

  米国に住む韓国人ファンが多いだろうという予想は外れた。白人や黒人、ヒスパニックなど肌の色と人種を問わない「グローバルアーミー」だった。テーラー・ギルさんは「BTSが見せた情熱は私にインスピレーションを与え、すべてのことを変えた」と話した。

  いよいよ150分間の公演の幕が開けた。BTS公演専用ペンライト「アーミーボム(Bomb)」がブルートゥースでつながり、一糸乱れずに光を放ちながら雰囲気を盛り上げた。ブレードや照明、特殊効果装置まで何と33トンに達する舞台装置が幻想的な雰囲気を演出するのに一役買った。BTSは特有の「群舞」で応えた。ファンたちは鼓膜をつきさすかのような叫び声でニューヨーク一帯を揺るがした。ヒット曲である『DNA』と『Fake Love』が始まると、4万人のファンたちが一緒に「韓国語で歌う」場面を演出した。メンバーも感激した。J-HOPEは「いよいよニューヨークのシティ・フィールドまで来ることになった」と話し、一番上の兄であるJINは「米国で初めてのスタジアムショーをすることになり、本当に光栄」と話した。

  本公演が終わり、照明が消えると客席ではアンコールの要望があふれた。「ウェーブ応援」が即席で行われた。メンバーが再び舞台に上がり『So What』と『Anpanman』『Answer:Love Myself』でフィナーレを飾った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事