韓経:青瓦台、シンガポールで南北米首脳会談準備?

韓経:青瓦台、シンガポールで南北米首脳会談準備?

2018年05月31日08時32分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領のシンガポール訪問を念頭に置いて現地に職員を派遣したことがわかった。シンガポールでは6月12日に米朝首脳会談開催が予定されているだけに今回の派遣が南北米首脳会談と終戦宣言の可能性と関連があるのかどうかに関心が集まっている。

  30日の外交消息筋によると、青瓦台は行政官級の職員をシンガポールに派遣し宿舎などを物色中であることがわかった。外交消息筋は「文大統領のシンガポール訪問の可能性に備え、プレスセンター設置に向けた仮契約などの目的で青瓦台関係者が派遣されたと承知している」と話した。青瓦台がプレスセンターを事前に物色しているという事実は文大統領が米朝首脳会談の時期にシンガポールを訪問し、南北米3カ国首脳会談をしたり3カ国による終戦宣言をする可能性があることを意味する。

  この日シンガポールで青瓦台関係者とみられる人物が北朝鮮の交渉実務チームの宿舎近くで目撃されたという話が広がったりもしている。青瓦台はしかし「7月に予定された韓国とシンガポールの首脳会談準備に向けた事前踏査のため職員を派遣したもの。米朝首脳会談または、南北米首脳会談準備とは関係がない」と説明した。

  これに先立ち青瓦台は文大統領の来月のシンガポール訪問の可能性と関連し、米朝首脳会談成功の可否と連動しているという立場を維持した。青瓦台核心関係者は先月、「青瓦台も来月12日にシンガポールに行く準備をしているか」という記者らの質問に、「いままさに(米朝の)交渉が始まったのではないか。米朝首脳会談の成果に連動された問題だ」と話していた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事