イ・ビョンホン&クォン・サンウら韓流スター、23日日本入り

イ・ビョンホン&クォン・サンウら韓流スター、23日日本入り

2005年09月22日18時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  張東健(チャン・ドンゴン)、李炳憲(イ・ビョンホン)、金勝友(キム・スンウ)、権尚宇(クォン・サンウ)ら韓流のビッグスターらが「韓日国交正常化40周年記念・韓流オールスターサミット」に出演するため、23日、日本を同時訪問する。

  これらは、同じ飛行機に乗って羽田空港に到着する予定で、ファンの大々的な歓迎が予想される。同イベントを収録放送する民放SBSテレビ(ソウル放送)の関係者は、22日「ファンが殺到する場合の安全事故に備えて、羽田空港側が最善を尽くしている、と聞いている」と話した。

  主催者側は万が一の事故に備えて、スターを個別に出国させる案も検討していたが、各自多忙な日程のため、同じ便で出国することにしたもようだ。チャン・ドンゴンらが出演する「...サミット」は、韓日国交正常化40周年を記念し、24日、埼玉県の「さいたまスーパーアリーナ」で、正午と午後6時、2回にわたって行われる。

  ピ(Rain)、シン・ヘソン、テイ(Tei)など歌手の一部は、22日に出国しており、一部は23日、俳優らと一緒に日本入りする予定。アジア文化産業交流財団とフジテレビが主催し、モーニングエンターテイメントが主管する同イベントは、フジテレビの衛星チャンネル・スカイパーフェクトTVを通じて当日、日本で生中継される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事