韓国人55%、北朝鮮の軍事脅威「怖くない」

韓国人55%、北朝鮮の軍事脅威「怖くない」

2013年03月28日14時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国国民の10人中6人は北朝鮮を警戒や敵対の対象として認識しているが、南北関係改善のためには経済交流協力が必要だと考えていた。

  北朝鮮未来フォーラム〔会長・鄭永泰(チョン・ヨンテ)統一研究院選任研究委員〕が、韓国哨戒艦「天安」爆沈3周忌と朴槿恵(パク・クネ) 政権スタート1カ月に合わせ24日に実施した対北朝鮮認識世論調査で「北朝鮮は私たちにとってどんな対象なのか」を尋ねた質問に、警戒対象(29.2%)または敵対対象(28.4%)と答えたのが57.6%だった。協力対象(15.8%)や支援対象(6.8%)と答えた人の2.5倍に達し、核実験や好戦的な対南威嚇などによって北朝鮮に対する認識が悪化したと分析された。

  しかし南北関係改善のためには経済交流協力(28.0%)をしなければならないという回答が最も多く、政治信頼(24.8%)、軍事対決解消(19.5%)などが後に続いた。北朝鮮の体制維持に関しては48.4%が「経済難などで崩壊する」と予想し「それなりに状況を維持する」という回答は29.9%であった。戦争挑発の可能性に対しては「可能性がない」という回答が51.3%で、「戦争が起きる可能性がある」(43.0%)という回答より高かった。また北朝鮮の対南軍事脅威に対しては「怖い」(43.6%)よりも「怖くない」(54.9%)のほうが多かった。

  「韓半島信頼プロセス」については43.5%が知っていると答えた。政府が対北朝鮮政策を「よく遂行している」という回答は59.4%で、「間違っている」(32.1%)という回答より高かった。今回の調査は、世論調査機関のリアルメーターが19歳以上の韓国の成人男女1000人を対象に有線・携帯電話を混合して実施した。最大許容誤差は95%の信頼水準で±3.1ポイントだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事