【社説】韓米が共に隙間なく強固に状況を管理する時

【社説】韓米が共に隙間なく強固に状況を管理する時

2017年09月27日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「米国が宣戦布告した」という北朝鮮のごり押しに対抗して米国防総省が25日(現地時間)「すぐにでも戦闘に出ることができる」と応酬するなど、北米間対決がチキンゲームに向かっている。米国務部はまず「我々は宣戦布告をしたことがない」と北朝鮮のごり押しを一蹴した。北朝鮮が「戦略爆撃機が領空を越えなくても落とす権利がある」と脅威したのも「国際公域で他国の飛行機を攻撃するのは絶対に適切でない」と釘をさした。北朝鮮が軍事的対応に出る場合、不法な武力使用であることを明確にしたわけだ。

  外交専門である国務部に比べて米国防総省の反応は「すべてのオプションを行使するだろう」としてはるかに強硬だった。ロバート・マニング国防総省報道官は「我々は直ちに戦うことができる『ファイトトゥナイト(fight tonight)』体制を整えている」と強調した。ハーバート・マクマスター国家安保補佐官も「我々は4~5つのシナリオを検討した」として「戦争を避けることを望むが、この(戦争)可能性も度外視してはいない」と明らかにした。ロバート・ガルーチ元米北核特使も「米国と北朝鮮が数時間以内に軍事衝突を起こす可能性がある」と警告した。

  北米間厳しい発言をやりとりしながら韓半島(朝鮮半島)の緊張が急速に高まっている。このような対決局面ではささいな偶発的衝突まで全面戦争に飛び火する危険性を排除できない。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も「韓米が共に隙間なく強固に状況を管理しなければならない」と強調した。軍事的オプションを避ける現実的な方法は強力な制裁と圧力を通じて北朝鮮を交渉テーブルに引き出すことだ。トランプ政府が中国とロシアを圧迫するために、まもなく発表するセカンダリーボイコットの制裁対象が注目されるのもこのためだ。北核危機の究極的な解決方法は外交的で政治的なものが望ましい。そのためにも強固な韓米同盟と強力な抑制力、国際連携を通した高強度の対北朝鮮制裁が必須条件だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事