【時視各角】こういう状況で青年起業をしろと?=韓国(1)

【時視各角】こういう状況で青年起業をしろと?=韓国(1)

2017年07月04日15時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  山菜ご飯のお店として有名な「少女バンアッカン」のキム・ガヨン取締役(31)は青年起業市場では成功した人物に挙げられる。自分のことを「農婦」と紹介する彼女は梨花(イファ)女子大2年生在学中に行った農村ボランティア活動で、「30年間、農活(農村活動、夏休みに大学生が農村で住み込みでボランティアを行う活動)をしにきた大学生のうち、農作業をしている人は一人もいない」と話すボランティア先のお年寄りの言葉が胸に残り、すぐに農作業を始めたという。あわせて地区のお年寄りの農産物も代行販売するようになった。このように栽培して農産物を販売した経験を土台に会社を立ち上げ、10年で数十億ウォン台の売上高を誇る農業会社に育てた。

  少し前からは、自分たちが育てた農産物でご飯を炊いて販売する食堂「少女バンアッカン」を始めた。

  自ら作ったコチュジャン・味噌・しょう油・果物酵素や山菜などを消費者に体験してもらい、商品を売るためだった。今は直営店が10店舗に増えた。また、「正しい経営」とは何かを考える若者らしく、スタッフは正規職だけを採用する。会社代表は別に置き、キムさん自身は毎月半分以上を田舎に出て農作業をする。自ら農作業をしなければ目立ってしまうという。そのようなキムさんに儀礼的に成功ノウハウを聞いたが、返ってきた答えが胸に重く響いた。

  「鈍くなければならない。痛い目に遭っても痛みを感じない無感覚、反抗よりも避けようとする恐怖心が力です」。キムさんが淡々と打ち明ける事業の話には情熱や覇気のような教科書的な言葉はなかった。キムさんは青年起業市場で10件中8、9件が失敗する様子を見てきたという。彼らに起きたことはキムさんの身にも起きたが、自分は痛い目に遭えば痛みを感じるよりもはやく避けて通ろうとする恐怖心を強く感じる性格のおかげで、ただ峠を乗り越えているだけだと語る。このうち誰もが経験する日常的な困難は次のようなことだ。

【時視各角】こういう状況で青年起業をしろと?=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事