<WBC>台湾戦で“ヘッドショット”受けた李大浩「頭よりも心が痛い」

<WBC>台湾戦で“ヘッドショット”受けた李大浩「頭よりも心が痛い」

2017年03月15日06時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李大浩
  2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドで脱落した韓国代表チームの4番打者・李大浩(イ・デホ、35)が大会を振り返った。

  WBC韓国代表チームは6日からプールAで組別リーグを戦ったが、結果は1勝2敗と振るわず、2次ラウンドへの進出にも失敗した。李大浩は今回のWBCで大きな活躍ができなかったばかりか、9日の台湾戦で頭部直撃のデッドボールを受けるという苦痛も体験した。

  李大浩は14日、釜山(プサン)社稷(サジク)球場で開かれる「2017KBO(韓国野球委員会)リーグ・タイヤバンク」のオープン戦を控えて、取材陣に「頭よりもWBC1次リーグ敗退で心のほうがもっと痛い」とし「代表チームは最善を尽くしたと思う。代表チームには10年以上参加したが、とにかく私ができなかったために良くない成績が出た」と明らかにした。

  李大浩は「WBCでの残念な成績のせいで、多くの批判意見があることは十分承知している。選手が結果で見せることができなかったのだから批判を受けるのは当然だ。だが、決して準備をおろそかにしたわけではない。一部には遊びに来たと考えている人がいるようだが、本当に一生懸命に準備した」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事