ジェシカvs少女時代…テヨン、涙ながらに「信じてほしい」

ジェシカvs少女時代…テヨン、涙ながらに「信じてほしい」

2014年10月02日14時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
少女時代のテヨン
  ジェシカの公式立場と関連し、テヨンがファンに涙で訴えた。

  ジェシカは1日、公式報道資料を通じて「9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという解雇通知を受けとり、これに関してあまりにも当惑し、いら立つ気持ちを隠すことはできない」と公式立場を明らかにした。

  引き続きジェシカは「ローンチから1カ月でメンバーたちが立場を変えて会議を招集し、その後私に正当な理由なく事業をやめるか少女時代を離れるか二者択一しろと要求された」と付け加えた。

  これに対し同日、少女時代ユニット「テティソ(テヨン、ティファニー、ソヒョン)は予定されていたファンサイン会のためにソウル清涼里(チョンニャンニ)のロッテ百貨店ハヌル公園に向かった。

  同日のファンサイン会も和気あいあいとした雰囲気の中で行われたが、メンバーが涙を見せるとファンまでもらい泣きをし始めた。

  これに対しテヨンはファンに「初めから少女時代を守りたいという考えしかなかった。ごめんなさい」と謝り「もう一度だけ信じてほしい」と涙ながらに訴えたという。

  ジェシカの所属事務所であるSMエンターテインメントは先月30日、「ジェシカが本人の個人的な事情で当社に今後1枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断すると知らせてきました」と公式の立場を伝えていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事