「元帥はみな同じ元帥だと思うのか」…金正恩には共和国元帥

「元帥はみな同じ元帥だと思うのか」…金正恩には共和国元帥

2012年07月19日12時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が18日、珍しい記録を立てた。28歳の年齢で「共和国元帥」という称号を受けたのだ。祖父のキムイルソンが41歳、父親の金正日(キム・ジョンイル)が50歳で元帥になったのに比べてはるかに早い。軍服務経験が一度もないという彼としては破格だ。後継者と推戴された2010年9月の労働党3次代表者会を契機に1日で軍隊長になった彼がわずか1年10カ月に次帥(大将と元帥の間)を飛び越え元帥になったのだ。

  北朝鮮は金正恩に対して「共和国元帥」という表現を使った。これまで元帥の階級を持っている生存者は軍部元老の李乙雪(イ・ウルソル、91)が唯一だった。金日成死去翌年の1995年10月に金正日が軍部の歓心を買うために李乙雪(当時護衛総局長)と崔光(チェ・グァン、97年2月死去)人民武力部長に元帥の階級を与えた。95年2月に死去した呉振宇(オ・ジンウ)人民武力部長は92年4月に元帥に上がった。

  だが、李乙雪ら軍部元老の元帥階級は金正恩のそれとは格が違う。李乙雪の場合「朝鮮人民軍元帥」だ。階級章を見ても微細な違いがある。共和国元帥を象徴する模様には五角形の星を囲んで北朝鮮の国花の木蘭の葉がある。これと比べ軍元帥階級章には星だけが見える。過去金正日が崔光ら軍元帥に「元帥ならばみな同じ元帥だと思うのか」という話をしたという情報も韓国の情報当局は把握している。

  元帥より一段上の大元帥は死去した金日成と金正日が持っている。金日成は53年2月に韓国戦争復旧の功労を認められ元帥に上がり、「金日成将軍」と呼ばれていたものが元帥に変わった。以後92年4月に最高司令官の金正日を元帥の座に就かせ自身は大元帥に上がった。元帥と大元帥のシンボルには北朝鮮の政権を象徴する国章が星の横に置かれている。水豊(スプン)発電所と稲穂などが描かれているのは彼らが国を導く指導階級であることを示すとみられる。北朝鮮は「金日成元帥」などの表現を意識し、敵対的勢力を称する「怨讐」は本来ハングルでは同じ表記だったが、「怨讐」の表記を変えて明確に区分している。

  韓国軍にも元帥階級がある。軍人事法17条は「国家に明確な功績がある大将から任命する」とし、任期は終身だと規定している。しかし実際にはまだ輩出することはできずにいる。

  5星将軍と呼ばれる元帥は第2次大戦中に軍階級にインフレができて登場した。英国が初めて5星元帥を出すと米国でマッカーサーとアイゼンハワーらが元帥(the general of the Army)になった。マッカーサーは37年に退役し4年後に復帰すると連合軍司令官として第2次世界大戦を勝利に導いた功労から44年に陸軍元帥に上がった。ニミッツ提督も第2次大戦の功労で米海軍初の元帥になり、最先端空母に自身の名前を付ける栄光を得た。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事