芸能人13年長期契約のワナ…青春を抵当に

芸能人13年長期契約のワナ…青春を抵当に

2009年08月06日08時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  東方神起の3人のメンバーが所属事務所を相手に「専属契約効力停止仮処分」を申請し、不当な契約内容を公開した。アジア最高級アイドルスターと国内最高の芸能事務所の紛争という点で、他の芸能事務所の事情にも関心が集まっている。芸能人と所属事務所の‘奴隷契約’論議や法廷紛争が絶えない中、その実態を2回にわたり眺めてみる。

  ◇歌謡界の実態=女性アイドルグループ「少女時代」のユナの契約期間も「東方神起」と同じ13年であることが明らかになった。「スーパージュニア」のメンバーは5年から長ければ13年。「シャイニー」のメンバーの専属期間も6-13年だった。すべてSMエンターテイメントに所属する歌手だ。

  13人で構成されたスーパージュニアのあるメンバーは3日、日刊スポーツ紙(IS)との電話で、「他の事務所に移りたくても、残余契約期間があり違約金も大きいので簡単でない。収入も全体の13分の1しか受けないため、周囲の人々が思っているほど大きな金額は受けていない」と語った。スーパージュニアは東方神起の今回の事態が浮上した後、メンバーで会議を開いたという。

  別のアイドルグループ「ワンダーガールズ」(JYP)の専属期間は7年、「ビッグバン」(TGエンターテイメント)は5年、「SS501」(DSPエンターテイメント)は5年と確認された。

  公正取引委員会が今年4-5月、YGエンターテイメント・スター帝国など20余りの芸能事務所を対象に調査した結果、19の事務所に所属する230人の芸能人の契約書すべてから不公正な契約条項を見つけた。

  「乙は自身の居場所について常に甲に通知しなければならない」「乙は契約を解約する場合、同業種や類似の演芸活動と関連したすべての活動を中止しなければならない」「乙は甲の許諾なしに引退できない」などの条項だ。大型芸能事務所は是正を完了し、中小規模の事務所は是正中だ。

  ◇アイドルは代表的な奴隷契約?=これまで芸能人の専属契約をめぐる紛争は歌手よりもタレントや俳優に多かった。ある芸能事務所代表は「歌手の不公正契約が表面上に出てくるケースが少なかった理由は、合理的な契約よりも、人間的な関係によって動く前近代的な側面が歌謡界に多く残っていたため」と説明した。

  この代表は「新人歌手が所属事務所に問題を提起すれば生き残るのが難しいという雰囲気がある」とし「公開されていない不公正契約の被害者は多い」と述べた。特にアイドル歌手は契約当時がほとんど10代で、練習生期間2-3年に気に入られなければデビュー自体が不可能になるため、無理な契約内容を受け入れるしかない、という説明だ。

  芸能事務所が幼い練習生を発掘して育てるとういシステムの中で、スターが出た瞬間に初期の投資費用を回収しようとする事務所、少数の成功したアイドルが脱落者の費用まで抱え込むシステムなどが問題を生んでいる。

  もちろん芸能事務所は強く反論している。新人1人に数億ウォンにのぼる初期投資費用がかかるが、人気が出たからといってその都度条項を変えることになれば会社を運営できない、という主張だ。

  しかし音楽評論家イム・ジンモ氏は「韓国の芸能事務所が歌手を‘収益’の観点でしか見なければ、東方神起のような事態はずっと続くだろう」とし「芸能事務所は歌手がいなければ存在しない集団」と強調した。

【ニュース特集】東方神起訴訟


【ホットクリック】

・ 韓国、FIFAランキング48位…日本は38位
・ 韓国、企業型スーパーめぐる議論…日本は?
・ 金正日委員長の靴は高さ12センチ…米メディア
・ 米国人は釈放、同族は拘束…北の二重性
・ 【スターセルフポートレート1】パク・ウネ、TBSに出演
・ 小中高生10人に7人「太極旗を描けない」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事