「現代車『ジェネシスG70』、ベンツ・BMWに突きつけた挑戦状」

「現代車『ジェネシスG70』、ベンツ・BMWに突きつけた挑戦状」

2017年08月30日14時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代車のプレミアム中型セダン「ジェネシスG70」
  現代自動車が世界市場を牛耳っているドイツ自動車ブランドに今週、宣戦布告をする。武器は来月1日公開するプレミアム中型セダン「ジェネシスG70」だ。G70はジェネシスが個別ブランドとして独立した後、公開する事実上初めての新車だ。デザインを総括してG70を生み出したといえる現代自動車グループデザインセンターのイ・サンヨプ・スタイリング担当常務に会ってジェネシスG70発売の意味を聞いた。

  彼は「ジェネシスがG70を発売するというのはメルセデスベンツ・BMW・アウディに決闘を申請したわけ」と意味づけをした。その間、韓国・日本の自動車メーカーが躍進したが、いわゆる「プレミアムセダン市場」は依然としてドイツ車の独壇場だ。イ常務は「BMW3シリーズとメルセデスベンツCクラス、アウディA4が、G70がターゲットにしているモデル」と話した。

  ドイツ車に挑戦するG70の武器は「ダイナミックなエレガンス(athletic elegance)」だ。一見すれば矛盾的な表現だ。イ常務はG70が「60%のダイナミック性と40%のエレガンスで実現した車」と説明する。

  デザインの背景には自動車業界を越えて韓国の代表ブランドになりたいという野心が隠れている。「バーバリーのトレンチコートのチェック柄を見ると人々は英国が思い出す。シャネルの香水N°5の香りを嗅ぐとフランスが思い出す。このようにジェネシスという自動車というと韓国を思い出させたかった」。

  イ常務はペーター・シュライヤー現代・起亜車デザイン総括(社長)、ルク・ドンカーヴォルケ現代自動車現代デザインセンター長(専務)と頭を付き合わせた。太極旗の太極模様のようにダイナミック性とエレガンスのハーモニーが大韓民国という国家のブランドだと考えた。彼は「フェラーリはコロシアム、コルベットは101番道路、ポルシェはアウトバーンで最も輝くようにジェネシスは徳寿宮(トクスグン)石垣道に最も似合うブランド」と話した。イ・サンヨプ常務は弘益(ホンイク)大彫塑科を卒業した後、25年間海外で居住した。フェラーリのデザインで有名なイタリアのピニンファリーナとドイツのポルシェデザインセンターで経験を積んでからゼネラルモーターズ(GM)にスカウトされた。ここで映画『トランスフォーマー』の「バンブルビー」で知られた「カマロ」の外装を直接デザインしたことが有名だ。2010年以降、フォルクスワーゲングループでフォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェ・ランボルギーニ・スコダ・ベントレーなど多様なブランドの車両をデザインした。

  ジェネシス特有の両面性はG70の室内デザインからも分かる。彼は「ジェネシスは最新技術を多く組み合わせた先端車両だが、実際に搭乗すれば室内が多少シンプルだと感じられるだろう」とし「運転者が必要とする時に限って先端運転補助装置が現れるようにデザインしたため」と説明した。現代車グループの内部的にもG70は象徴性が大きい。G70は大型セダンであるG90、準大型セダンであるG80と共に正統セダンのラインナップを構築した。イ常務は「ジェネシスのセダンラインナップの決定版であり、セダンポートフォリオの完成」と話した。ジェネシスはG70発売以降、当分セダンを発売しない代わりに、スポーツ用多目的車(SUV))に注力するという意味に解釈できる。

  また、G70はジェネシスブランドで初めて30代が主な顧客層だ。G90・G80は価格・車級面で30代が乗るには多少負担になる面があった。これに対し、G70は価格〔4000万ウォン(約391万円)台〕も比較的に安くパフォーマンスを強調して30代消費者をひきつけるという計画だ。

  イ常務は「トヨタ自動車が発売したレクサスブランドが欧州の若年層の攻略に成功できなかった点を集中分析した」として「大きさ・性能・パワー・デザインなどを大きく向上させたG70は、すべての面でドイツ車に決して劣らない」と自信を見せた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 現代車のプレミアム中型セダン「ジェネシスG70」
  • 京畿道華城の現代デザインセンターで中央日報と単独インタビューをした現代車グループのイ・サンヨプ常務。(写真=現代車)