Gドラゴン「扇情的パフォーマンス」公然淫乱罪めぐり捜査へ

Gドラゴン「扇情的パフォーマンス」公然淫乱罪めぐり捜査へ

2009年12月11日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ソロライブで扇情的なパフォーマンスを行い、議論を呼んだグループBIGBANG(ビックバン)のリーダー、Gドラゴン(本名:クォン・ジヨン、21)に対し、保健福祉家族部が10日、刑法上の公然淫乱罪に該当するかどうかについて検察に捜査を要請した。

  Gドラゴンは12月6日、ソウル・オリンピック体操競技場で行ったライブで「Breathe」などを歌う際、立てて設置したベッドに女性ダンサーをチェーンで縛った後、性行為を連想させるダンスを踊った。

  

【ホットクリック】

・ 明らかになった韓国人の移動経路…v遺伝子は日本人と最も類似
・ 中国人留学生は将来の「親韓派」なのに…
・ 金泰均「千葉ロッテの一塁手は私を歓迎していない」
・ イ・ビョンホンの元恋人「7月の誕生パーティーで愛の告白受ける」
・ 海外に比べ韓国で高い値段で売られる製品は?
・ Gドラゴン「扇情的パフォーマンス」公然淫乱罪めぐり捜査へ
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事