米国の対北朝鮮3大オプション…韓国への核兵器配備、金正恩除去、秘密作戦

米国の対北朝鮮3大オプション…韓国への核兵器配備、金正恩除去、秘密作戦

2017年04月09日12時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
トランプ米大統領(写真=NBCナイトリーニュース)
  トランプ米大統領が構想している対北朝鮮問題解決の戦略的選択に、韓国への核兵器配備と金正恩(キム・ジョンウン)除去作戦などが含まれていると伝えられた。

  米NBC『ナイトリーニュース』は7日に米軍高位関係者と情報機関消息筋などの話としてこのように報道した。NBCは米国家安全保障会議(NSC)が米中首脳会談に先立ちトランプ大統領に3つの対北朝鮮戦略オプションを提示したと説明した。

  ◇オプション1.韓国への核兵器配備

  報道によると、トランプ政権が最も優先的に取れるオプションとして韓国内への核兵器再配備を考慮している。1991年に韓国から撤収させた戦術核兵器を再び持ってくることだ。米情報機関高位関係者は「われわれは20年間外交的努力と制裁を並行してきた。しかし北朝鮮の核開発を防ぐのに失敗した」とし、韓半島(朝鮮半島)への核兵器再配備議論に対する背景を説明した。烏山(オサン)空軍基地に再び核兵器が配備される場合、東西冷戦終息後初めて米国が海外に核兵器を配備することになる。

  リッパート前駐韓米国大使はNBCとのインタビューで「韓半島への核兵器再配備の必要性を受け入れる韓国人が増加している」と明らかにした。だが「世界非核化を目標に設定している米国が自らこれに逆行する政策を展開するのは良いことではない」と指摘した。また、スタブリディス元北大西洋条約機構(NATO)司令官は「良いアイデアだとは思わない。北朝鮮の憤怒だけ触発させるだろう」と懸念する。

  ◇オプション2.金正恩除去作戦

  NBCはトランプ政権の対北朝鮮問題解決の2番目のオプションが金正恩除去作戦だと報道した。これに先立ち米国はリビアのカダフィ大佐とイラクのフセイン大統領など海外政府のトップの除去または逮捕作戦を進めたことがある。同様に北朝鮮の金正恩を直接除去することを戦略的選択肢に乗せたということだ。

  スタブリディス元司令官は「金正恩除去作戦は興味をそそる戦略。特に非常に予測しにくく危険な指導者を相手にする時はそうだ」と説明した。だが「斬首作戦以降にどのようなことが展開されるかを自問してみる必要がある。北朝鮮問題においてはどんなとんでもないことが起きるかもわからない」と懸念する。リッパート前大使も「政権交替と斬首作戦に対する議論は中国側の大きな懸念を買いかねない。中国側がわれわれの望み通りに圧力を加えず正反対に動く可能性がある」と指摘した。

  ◇オプション3.韓米特殊部隊北派

  トランプ政権の3番目の対北朝鮮問題解決案は韓国軍と米軍の特殊部隊を利用した秘密作戦だ。連合特殊部隊を北派し北朝鮮の核心インフラを破壊するものだ。NBCは韓国軍が昨年3月、「スパルタン3000」というニックネームで呼ばれる3000人規模の連隊級迅速機動部隊を創設したとし、これを利用して北朝鮮の主要核ミサイル施設と橋梁などを破壊する案が検討されていると報道した。移動式ICBMなどの移動を妨げるということだ。

  一方、NSCからこうした3つの戦略的選択肢を伝えられたトランプ大統領は、その後2日間の米中首脳会談で対北朝鮮問題と関連して特別な合意点を見出すことができなかった。

  ティラーソン米国務長官は7日の会見で「両国間のパッケージ合意のようなものはなかった。トランプ大統領が習主席にもし中国が米国と協力できないならば米国は自らのコースにより動くと話した」と明らかにした。だが「自らのコース」がこれら3つのオプションを指すものなのか、この3つのオプションを習近平主席に説明したのかなど詳しい内容は明らかにしなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事