【時視各角】「映画『鳴梁』は歴史歪曲だ」(1)

【時視各角】「映画『鳴梁』は歴史歪曲だ」(1)

2014年09月10日08時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李舜臣(イ・スンシン)将軍の丁酉年(1597年、鳴梁海戦当時)日記は2種類がある。一つは簡単な事実だけを記録したもので、もう一つはもう少し詳しい。詳しい日記に記録された慶尚右水師・ペ楔(ペ・ソル)の関連内容はこうだ。

  8月17日に軍営(康津)に到着すると、誰もいなかった。慶尚水師のペ楔は私が乗る船を送らなかった/18日、会寧浦に行った。ペ楔は船酔いを口実に出てこなかった/19日に将帥らに教書に粛拝させたが、ペ楔はしなかった/25日、唐布の漁夫が避難民の牛を盗みながら外敵が来たと嘘をつき、驚かせた。(嘘ということを知って)軍士らは安心したが、ペ楔はすでに逃げた/27日、ペ楔が来たが、おびえていた。私はそっと「水師はどこかに行ってしまったのではなかったのか」と話した/30日、ペ楔は敵が押し寄せるのを心配して逃げようとした。このため彼の部下の将帥らを呼んで率いた。ペ楔が奴婢を通じて「病気がひどく健康管理をしたい」と求めた。陸地で健康管理をするよう公文書を送った。ペ楔は右水営を離れて陸地に上がった/9月2日、ペ楔が逃げた。

  この記録に改めて目を通したのは、この秋夕(チュソク、中秋)に“ホット”な先祖イシューを投げかけたのがペ楔将軍だったからだ。彼の子孫が「映画『鳴梁』がペ楔の名誉を傷つけた」とし、上映中止要請とともに製作スタッフを告訴すると主張した。李舜臣将軍との葛藤は上の記録ほどだが、映画ではペ楔が暗殺の動きに亀甲船を燃やす“悪党”として描写されたという理由だ。

  正直、映画を見ながらこうした事態を予想した。実際、ペ楔だけでなく大将の船を置いて後退した他の艦船指揮官の子孫も批判するかもしれないと考えた。各家門が自分の先祖に対する評価を問題視するのはありふれた光景だからだ。

【時視各角】「映画『鳴梁』は歴史歪曲だ」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事