キム・ヨナ「ジャンプ跳べずにあわてた」

キム・ヨナ「ジャンプ跳べずにあわてた」

2009年11月17日11時11分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「フィギュアの女王」キム・ヨナ(19、高麗大)はサバサバしていた。キム・ヨナは16日(日本時間)、2009~2010国際アイススケート連盟(ISU)グランプリ第5戦「スケートアメリカ」で優勝した。しかしフリースケーティングでは普段と違って調子を乱し、200点台には到達できなかった。

  そのためへこんでいるかと思ったら大間違い。キム・ヨナは「こんなにジャンプを乱したのが久しぶりで、うろたえてみたりもする。実際のところは練習でもコンディションが不安定なら演技も思うようにいかないことが多い。五輪を控えて良い経験をした」と打ち明けながら笑った。

  続いて彼女は女性ファンのとっての関心事について明るく答えてくれた。164センチの身長に体脂肪が10%台にすぎないスリムな体格。女性たちがキム・ヨナにもつ最大の関心事は「どうやってその体型を維持するのか」だ。

  キム・ヨナは「特別なダイエットメニューはないが、朝は母親が作ってくれる韓国料理を食べ、昼は訓練をしているクリケットクラブでサラダ、果物、パン、豆乳などを食べる。夕方には主に果物とシリアルを選ぶ」と食習慣を伝えた。続いて「絶対哀れなメニューではない。率直に食べたいものはすべて食べているが、必ず寝るころになるとお腹がすいている」と大声で笑っていた。

  キム・ヨナは昨年と今年、プログラム雰囲気に合わせた洗練されたメイクで女性たちの視線を集めた。「キム・ヨナは競技の前に化粧をして精神を整えている」なんていう話まで出た。

  キム・ヨナは「化粧するときは化粧のことだけ考えます。別のことを考えると眉毛のラインがおかしくなります。うまくメイクをするためには集中しなくてはならないのに、別のことを考えている暇がありますか」とし「率直に化粧がうまくできなければ1人で腹を立てています。髪も1人でするのに大変なことばかり。そんなときは1人いらだっています」ともう一度けらけらと笑った。

【ホットクリック】

・ 【釜山射撃場火災】日本メディア、韓国政府の速やかな対処・謝罪を評価
・  「日本の電子業界が三星に押されたのはうぬぼれのため」
・ 鳩山首相と日本メディアの蜜月終わりか
・ <フィギュア>キム?ヨナ、ジャンプのミスでもグランプリ7連?優勝
・ リュ・シウォン「4都市4色のコンサートに」…日本ツアー
・ 「北朝鮮はオープンセットのような超現実の国」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事