孫正義会長、中国アリババドットコム投資でハイリターン

孫正義会長、中国アリババドットコム投資でハイリターン

2005年08月21日19時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

政府技術(IT)投資の鬼才として知られる日本ソフトバンクの孫正義会長がまた‘大穴’を当てた。 中国のインターネット商取引会社アリババドットコム(alibaba.com)に投資し、‘黄金の卵’として返ってきた。

  香港の時事週刊誌「亜洲週刊」最新号(8月28日付)によると、孫会長は2年前、アリババの子会社であるインターネットショッピングモール「汰宝(タオパオ)」に1800万ドルを投資した。

  孫会長は当時、汰宝の株式50%以上を取得し、事実上、経営権を握った。 同時に汰宝が保有するアリババ株30%も確保した。

  最近インターネットポータルのヤフーが、アリババの将来を見込んで40%の株式を譲り受ける条件で、中国インターネット産業史上最高額となる10億ドルを投資した。

  アリババはまだ上場していない。アリババの最高経営者(CEO)ジャック・マー氏(40)は「投資誘致の目的は上場」と語った。

  インターネット専門家らは、ヤフーの投資で同社の株式価値は現在45億ドルを超える、と推定している。これに伴い、1800万ドルを投資した孫会長の保有株の価値は現在13億5000万ドルと推定される。すなわち75倍のリターンを得たことになる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事