慰安婦財団の理事長「少女像撤去と10億円は別」

慰安婦財団の理事長「少女像撤去と10億円は別」

2016年07月29日14時32分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本軍の慰安婦被害者支援のための「和解・癒し財団」が28日公式にスタートした中で、理事長に選任された金兌玄(キム・テヒョン)財団設立委員長が「少女像と10億円は別」と明らかにした。

  金理事長はこの日ソウルで開かれた「和解・癒し財団」発足の記者懇談会で旧日本大使館前にある少女像の撤去について「10億円は少女像と連係して受け取ることは絶対にない」と伝えた。

  金理事長は10億円の使い道について主に被害女性らを直接支援する恩恵事業を行うと明らかにした。

  彼女は「おばあさんに会ってみると使いたいところがみな違っていた」として「本当に望んでいることが何なのか使い道の把握をした後、オーダーメード型の支援をする」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事