インターネット・クレジットカード・酒…韓国が世界チャンピオン

インターネット・クレジットカード・酒…韓国が世界チャンピオン

2013年11月29日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国土面積は世界109位だが、インターネット普及率、クレジットカード取り引き率、飲酒愛好などでは世界1位である国。CNNインターネット版は27日(現地時間)、韓国にこのようにスポットを当てた。放送では「韓国は分断問題などで暗いニュースをたくさん送りだすが、世界で一番のものがある」とし、「韓国が他国より勝る10個」を挙げた。

  最初に挙げたのが世界最高のインターネット・スマートフォン接続(wierd culture)だ。インターネット普及率(82.7%)とスマートフォン利用率(78.5%)が他の国々に先んじるとし「韓国人はスマートフォンで買い物もし、地下鉄でリアルタイムの放送も見る」と伝えた。「未来がどんな姿なのか気になれば韓国行の飛行機チケットを取りなさい」というのがCNNのアドバイスだ。

  クレジットカードの使用も活発だ。2011年の韓国銀行資料によれば韓国の1人当りクレジットカード決済は129.7件で同じ期間のカナダ(89.6件)や米国(77.9件)を大きく引き離し主要国1位を記録した。

  CNNは「すべてのタクシーがクレジットカード決済期を備えている」としてこのような利便性からソウルが世界最高のショッピング都市の中の一つでもあると説明した。

  韓国の週当たりの労働時間は44.6時間で、経済協力開発機構(OECR)平均(32.8時間)を軽く跳び越え1位だ。企業会食の時、爆弾酒(ビールと洋酒を混ぜたもの)を好んで飲むなど、飲酒文化も世界「ナンバー1」だ。新種化粧品開発と整形手術頻度など容貌に対する関心も他の追従を許さなかった。その他、女性ゴルファーの活躍、航空機乗務員のサービス、合コン文化、スタークラフトゲームへの熱狂などもトップ10リストに上がった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事