平昌の時は消したのに…東京五輪サイトに日本領と表示された独島

平昌の時は消したのに…東京五輪サイトに日本領と表示された独島

2019年07月24日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が公式サイトに掲載した聖火リレー関連地図に独島が日本領土と表示されている。[組織委員会ホームページ キャプチャー]
  日本の東京オリンピック・パラリンピック組織委員会がホームページの地図で独島(ドクト、日本名・竹島)を自国領土として表示したことに対し韓国政府が抗議したと伝えられた。産経新聞は韓日関係消息筋の話として、「韓国政府から日本政府に今月中旬、東京五輪・パラリンピック組織委員会の公式サイトの地図で表示された竹島について抗議があった。韓国外務省から在韓日本大使館に抗議があった」と23日に報道した。

  同紙によると問題の地図は聖火リレーのルートと日時を紹介するページに出ている。日本側は独島を島根県所属とし地図に日本領土として表示した。

  これに対し韓国外交部は「独島が日本の領土であるかのような記載で遺憾だ。2018年平昌(ピョンチャン)五輪では五輪精神に反するとの日本の抗議があり、その求めに応じて削除した」と日本に抗議したと同紙は伝えた。続けて韓国が組織委員会サイトで東海を日本海と表記したことに対しても抗議したと伝えた。

  一方、日本はこの日ロシア軍用機の独島領空侵犯を受けた韓国空軍機の警告射撃などについて、「日本領土内の事案」としながら外交チャンネルで公式抗議した。これに対し韓国外交部は「独島は歴史的・地理的・国際法的に明白なわが国固有の領土で、日本側の抗議を一蹴した」と明らかにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事