現代ジェネシス、米誌の満足度調査でテスラ・ポルシェに続く3位

現代ジェネシス、米誌の満足度調査でテスラ・ポルシェに続く3位

2017年12月22日16時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代車ラグジュアリーブランド「ジェネシス」が米国消費者専門誌コンシューマーリポートの車所有者満足度調査で3位になった。

  21日(現地時間)のコンシューマーリポートによると、ジェネシスは100点満点で81点を受け、テスラ(90点)、ポルシェ(85点)に次いで3番目に高かった。今回の調査は2015-18年式モデルを対象に購買者の期待性能などを評価した。運転経験、乗り心地、価値、スタイリング、オーディオなどが評価基準に含まれた。

  コンシューマーリポートで自動車テスティングを担当するジェイク・フィッシャー氏は「オーナー(所有者)満足度調査は、該当車両が購買者にした約束を守っているかどうかを測定することに焦点を合わせた」と説明した。テスラが唯一の90点台で圧倒的1位だった。

  同誌は「テスラの購買者は大きな価値よりも購買を通じて得られる幸福感に左右される」と分析した。また「現代車の新ラグジュアリーブランドのジェネシスは好スタートを切り、高い順位に入った」と伝えた。

  4位-10位はクライスラー、アウディ、マツダ、スバル、トヨタ、ホンダ、リンカーンの順だった。トップ10に日本ブランドが4つも含まれた。起亜車は72点で13位、現代車は67点で24位にとどまった。ドイツブランドのBMWは15位、メルセデスベンツは22位だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事