親朴槿恵派核心の趙源震議員が自由韓国党離党、大統領選出馬を示唆

親朴槿恵派核心の趙源震議員が自由韓国党離党、大統領選出馬を示唆

2017年04月09日11時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
8日に自由韓国党からの離党宣言をした趙源震議員(写真=趙源震議員室)
  「親朴の核心」と呼ばれる自由韓国党の趙源震(チョ・ウォンジン)議員が8日、大統領弾劾無効国民大会で離党宣言をした。趙議員が「朴槿恵を愛する人たちの会」が最近作ったセヌリ党に入党し大統領選挙に出馬するのか関心が集まっている。

  趙源震議員は8日にソウル市庁広場で開かれた第5回弾劾無効国民抵抗総決起国民大会に参加し、「きょう付で自由韓国党を離党する」と明らかにした。趙議員は「いま新しい大韓民国のアイデンティティを守ることができる新たな右派政党ができなければならない。弾劾を主導した従北左派勢力に対する戦争を宣言する。いまは1人だが今後多くの議員がともにするものと確信する」とした。

  趙議員は強い親朴派だ。このため趙議員が5日に「朴槿恵を愛する人たちの会」を中心に旗揚げしたセヌリ党に入党し大統領選挙に出馬するとの見通しが出ている。趙議員はセヌリ党旗揚げ行事に現役議員としては唯一参加した。彼は旗揚げ行事で「劉承ミン(ユ・スンミン)と金武星(キム・ムソン)でなかったなら弾劾もされなかったし、朴槿恵大統領も逮捕されなかった。だから許せない。みなさんもうこれ以上心を痛めるのはやめましょう。泣くのはやめましょう」と述べた。

  その後朴槿恵を愛する人たちの会のホームページには「趙源震議員、すでに絶望になってしまった自由韓国党を離党せよ。セヌリ党があなたを待っている」「趙源震とともに太極旗を掲げ、行こう、戦おう、勝とう」などの書き込みが殺到した。

  趙議員がセヌリ党に入党し大統領選挙に出馬すれば自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補にも少なくない打撃があるものとみられる。洪候補はまた別の親朴派の金鎮台(キム・ジンテ)議員と選挙戦で勝利し自由韓国党の候補になった。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事