<卓球>15歳の“天才”張本 「万里の長城を越えるオオカミ」に成長

<卓球>15歳の“天才”張本 「万里の長城を越えるオオカミ」に成長

2019年01月07日16時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界の卓球は中国の天下だ。しかし最近「万里の長城」中国を倒す選手が現れた。2003年6月27日生まれの日本の卓球天才、張本智和(15)だ。

  張本は6日に発表された国際卓球連盟(ITTF)男子世界ランキングで3位に入った。満15歳6カ月という年齢で日本男子選手歴代最高ランキングだ。張本は先月仁川(インチョン)で開催された国際ツアー、グランドファイナルの男子個人シングルスで優勝した。同大会の歴代最年少優勝で世界ランキングも上がった。張本が破った選手は世界4位の中国の林高遠(24)だった。張本は「世界ランク1位になって東京五輪を迎えられるように頑張りたい。世界ランク1位も夢ではない」と語った。

  張本は素質と不断の努力で10代半ばの年齢にもかかわらず世界トップランカーに成長した。張本の両親はともに中国人だ。日本で卓球選手生活をした親の影響を受けて、2歳から自然に卓球を始めた。基本技と応用技術はほとんど親から習った。小学生の頃から頭角を現した張本は日本オリンピック委員会(JOC)が運営するエリートアカデミーの体系的なシステムの中で成長し、各種最年少記録をすべて更新した。2016年には南アフリカで開催された世界ジュニア選手権で13歳163日の年齢で歴代最年少優勝を果たした。続いて2017年のデュッセルドルフ世界選手権でも最年少で8強入りした。当時、許キン(中国)に1-4で敗れた張本は「1、2年以内に必ず中国の壁を越えたい」と意欲を表した。

  張本はこの1年間に大きく成長した。昨年1月の全日本選手権と6月の日本オープンで歴代最年少優勝を果たした。日本代表チームの倉嶋洋介監督は「ボールを打つ速度、コースなど卓球の技術が今まで日本の選手には見られなかったレベル。肉体的な成長だけでなくメンタルも強い」と説明した。

  張本は昨年、中国選手を相手に8勝6敗だった。韓国でいえば中学生の年齢で多くの中国の成人選手を上回るレベルに到達したということだ。中国卓球ファンは「中国人の親のもとで育った張本が狼になって現れた。中国の強力なライバルが登場した」と張本を評価した。中国メディアも「張本はすでに世界トップクラス」と評価した。

  卓球が五輪正式種目に採択された1988年ソウル五輪以降、日本は卓球でまだ金メダルを獲得したことがない。しかし2016年のリオ五輪当時16歳だった伊藤美誠が女子シングルス銅メダルを獲得し、選手の育成に拍車を加えた。2020年東京五輪で金メダルを獲得するという意気込みだ。張本のほか、女子卓球の伊藤美誠(19)が世界ランキング7位、2017年世界選手権女子シングルス銅メダルの平野美宇(19)が9位に入った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事