女優ハ・ジウォン、化粧品会社から訴えられる 「被害額11億ウォン台」

女優ハ・ジウォン、化粧品会社から訴えられる 「被害額11億ウォン台」

2017年08月30日13時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のハ・ジウォン
  化粧品会社ゴールドマークが女優ハ・ジウォン(39)を相手取り11億ウォン(約1億1000万円)を超える訴訟を起こした。

  29日、所属事務所ヘワダルエンターテインメントと該当会社によると、ゴールドマークはこの日、ハ・ジウォンを相手取りブランド広報活動の不履行による被害額8億6000万ウォンとジェイダブリュークイーン(現ヘワダルエンターテインメント)所属当時、ゴールドマーク側が代わりにやってきたマネジメント手数料3億ウォンなど11億6000万ウォンを請求する訴訟をソウル中央地裁に起こした。

  ゴールドマーク側は「ハ・ジウォンがゴールドマークの株式30%を取得してゴールドマークに自身の名前、肖像、音声を提供してブランドを広報することを約束する内容の共同事業約定を結んだが、これを違反してゴールドマークの広報を全面中断し、昨年7月にゴールドマークに対して突然共同事業約定の取り消しおよび肖像権使用禁止訴訟を起こした」とし「ゴールドマークはことし6月30日、ハ・ジウォンの請求に根拠がないという裁判所判決を受けて勝訴した」と明らかにした。

  続いて「ハ・ジウォンの約束違反に伴う損害を算定した結果、営業損失は約8億6000万ウォン、営業損失によって減少した企業価値は約26億ウォンに達する」とし「ハ・ジウォンの約束違反と一方的約定書の破棄などによる被害額の一部をまず請求する訴訟を起こし、後ほど請求金額を拡張する」と付け加えた。

  これに対し、ハ・ジウォンの所属事務所は「ブランド広報活動の不履行に関しては、すでに肖像権関連の訴訟でゴールドマーク側が反訴したが棄却判決を受けた」とし「マネジメント手数料請求に関連し、ハ・ジウォンはゴールドマークといかなるマネジメントまたは手数料契約も締結したことがないため、ゴールドマーク側の主張が理解できない」と反論した。

  続いて「ドラマ放映直前にこのように悪意的かつ一方的なメディアプレーが行われたことに対して強い遺憾を表す」とし「一層断固として対処していきたい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事