【社説】Jノミクスを実験しようと国家財政に穴をあけてはならない=韓国

【社説】Jノミクスを実験しようと国家財政に穴をあけてはならない=韓国

2017年08月30日13時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨発表された文在寅(ムン・ジェイン)政府の初の予算案が国家財政に衝撃を与えるだろうという懸念の声が出ている。政府案の通りなら国家の財政に穴があけられるものと予想されるためだ。429兆ウォン(約41兆9728億円)規模の来年のスーパー予算は増加率が今年より7.1%に達する。グローバル金融危機から脱出する必要があった2009年以降9年ぶりに最も高い水準だ。

  輸出と企業主導の成長から抜け出し、人および所得主導成長に経済のパラダイムを切り替えるというJノミクス(文在寅政府の経済政策)に合わせて福祉・労働・教育に全体の予算のほぼ半分に達する210兆ウォンが投入される。一方、産業・革新・社会間接資本(SOC)の予算は減る。低成長を克服するために財政の役割拡大が必要だが、規制緩和と革新を蔑ろにする政策実験ということから効果が疑問視されている。成長エンジンにつながることができなければ、ややもすると財政を無駄遣いする可能性が大きいためだ。

  問題は政府内にブレーキがないという点だ。文大統領は最近、企画財政部の業務報告で「経済部署が長い間利用してきた道を捨て、一度も行ったことのない新しい道を歩んでいるがとてもよくしている」と話した。このような政策方向に合わせて編成された来年の予算増加率は来年の経常成長率4.5%を大きく上回る。基礎年金・児童手当て・ヌリ課程(3~5歳児の無償教育)・医療給与・生計給与をはじめ、国の財政の半分に近い資金が福祉・労働・教育予算に当てられるからだ。Jノミクスはこのように先に資金をばらまいて経済活性化の呼び水として活用し成長をリードするという戦略だが前例がない。これが可能なら、米国・ドイツなどがなぜグローバル金融危機に使わなかったのだろうか。

  それでも政府は国家債務が国内総生産(GDP)で占める割合が今年39.7%と、来年には39.6%にむしろ減るだろうと説明した。Jノミクスを後押しするためにゴムひものようなバラ色の補正予算を土台にせずにはできない説明だ。政府は来年に税制改編案を通じて税収が5兆5000億ウォン増えると推計した。だが、半導体・石油化学を除いては国内産業の目処が立たなくなり、来年にも2%台成長率から抜け出すのは容易ではないようだ。

  支出構造調整を通じて11兆5000億ウォンを減らすといっているが、「持ち主のないお金は1ウォンもない」という「予算の法則」を忘れてはならない。それだけに支出構造調整が難しいという意味だ。これでは未来世代に負担を負わせるしかない。直ちに国家債務が700兆ウォンを突破して国民1人当たりの国税負担も500万ウォンを突破する。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で急速な国家債務増加率がより一層大きくなった。財政健全性が深刻な脅威に直面することになったわけだ。

  野党はバラ色の予算に対する厳しい検証を予告している。5年間178兆ウォンが必要だというJノミクスの100大課題予算を精密に検討したところ、補正予算不足と欠落された費用が83兆ウォンに達するという国民の党の分析もある。財政を緩和しても効率を考える必要がある。SOCにも雇用をはじめ、効率を生かす所が多く、福祉も伝達システムを見直せばコストを減らすことができる。効果不明の政策実験を後押しするために国の財政に穴をあけることがあってはならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事