<W杯>決勝T初戦敗退も…光った日本サポーターの市民意識

<W杯>決勝T初戦敗退も…光った日本サポーターの市民意識

2018年07月03日14時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  競技後にゴミを拾う日本サポーターの姿がまた確認された。

  サッカー日本代表は7月3日(日本時間)、ロストフアリーナで行われたロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント初戦でベルギー代表に2-3で逆転負けを喫した。

  英BBCのサッカー番組「マッチ・オブ・ザ・デー」のツイッターには「日本のサポーターは競技終了のホイッスルが鳴った後、ゴミを集め、さらにスタンドまで清掃した」というコメントとともに日本人応援団のゴミ拾いの写真が載せられた。

  これに先立ち日本のサポーターはグループリーグ3試合でも観戦後にゴミを拾う成熟した市民意識で話題になった。こうした行動は相手チームにも広がり、日本と対戦したセネガルのファンもゴミを片付けて注目を集めた。

  BBCのほか、ゲッティイメージズ、APなどの海外メディアも日本のサポーターがゴミ拾いをする場面を紹介した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事