「日本、賃金未払いの戦時徴用者20万人の名簿を韓国に提供」…朝日新聞

「日本、賃金未払いの戦時徴用者20万人の名簿を韓国に提供」…朝日新聞

2010年01月08日08時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  植民地時代に徴用された韓国人に日本企業が支払っていなかった「未払い賃金記録」を、日本政府が3月に韓国に伝える予定だと、朝日新聞が7日報じた。

  日本法務省の公文書によると、第2次世界大戦の終戦後、急いで帰国するために企業から賃金を受けられなかった韓国人は20万人を超える。未払い賃金総額は60年前当時の金額で2億円にのぼる。日本政府は軍人・軍属など約11万件の未払い賃金関連名簿を07年に韓国に提供したが、民間企業の徴用者記録を提供するのは今回が初めてとなる。

  未払い賃金があるという事実が確認されれば、徴用された労働者や遺族は韓国政府から「未収金支援金」形式でこれを受けられる。したがって今回の日本政府の資料提供で恩恵を受けられる受給者の数が大幅に増えると予想される。

  韓国で第2次世界大戦中に日本の炭鉱や工場に強制動員されたと申告した人は16万人にのぼる。韓国政府は08年から未払い賃金を本人と遺族に支給している。徴用当時の1円を2000ウォン(約160円)で換算し、最低支給金は20万ウォン(約1万6000円)。

  昨年末現在、「未収金支援金」の受給が決まったは7182人。徴用されたと申告した16万人の9割以上はこれを立証する書類がなく、申請自体が難しい状況だった。

  日本政府は1965年の韓日条約に基づく請求権協定を通して、韓国が未払い賃金に対する財産権を放棄する代わりに無償3億ドル・有償2億ドルの経済協力をしたため、未払い賃金を支払う義務はないという立場だ。

  韓国政府も未払い賃金に対する財産権は放棄したが、実態確認レベルで日本に賃金未払い者名簿の提供を要求してきた。05年の韓日外相会談後、両国は数回にわたりこの問題について協議した。

  朝日新聞は「日本政府がその間‘作業が膨大’という理由でこれに応じなかったが、鳩山政権の発足後に方針を変え、徴用された韓国民間人に対する未払い賃金の記録を提供することにした」と説明した。

  外国人徴用者などに対する未払い賃金記録は、戦後、外国人徴用者を雇用した企業から地方自治体別の法務局などに供託され、これまで法務省が管理してきた。法務省は昨年の秋、全国331地域の法務局と支局・出張所を対象に徴用外国人名簿と未払い賃金の資料を確認するよう指示した。

  ‘99円波紋’を起こした厚生年金脱退手当は韓日条約当時の請求権協定に含まれていない。したがって日本政府を相手にした別途の返還訴訟が可能だ。1940年代に名古屋市の三菱重工業航空機製造工場で働いた韓国人女性7人は昨年12月、社会保険庁から99円ずつ年金脱退手当を受けた。厚生年金保険法に定めた厚生年金脱退金支給基準によると、本人が年金脱退意思を明らかにして手当を申請した時点に請求権が発生する。この女性7人は98年に脱退手当を申請した。

  日本厚生労働省は脱退手当金額は当時の給与の平均額と勤続日数などを考慮して算出し、貨幣価値の変化などは考慮しないのが原則だと明らかにし、論議を呼んでいる。

【ホットクリック】

・ 【社説】フランスは返還の約束を破るのか
・ 【コラム】「羊頭狗肉のビビンパ」はグローバル化の過程
・ イ・ナヨン「ヨン様と結婚?…呆れてしまう」
・ 「日本、賃金未払いの戦時徴用者20万人の名簿を韓国に提供」…朝日新聞
・ 8年ぶり国内で口蹄疫発生 京畿道抱川で乳牛6頭が感染
・ <野球>不安な冬を過ごす朴賛浩と李承燁
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事