<アシアナ機着陸失敗>NY韓人会、NTSBと現地メディアの偏向の真相究明要求

<アシアナ機着陸失敗>NY韓人会、NTSBと現地メディアの偏向の真相究明要求

2013年07月15日09時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アシアナ航空は米放送局による操縦士侮蔑をめぐる議論に対しては法的対応の検討作業に着手した。アシアナ航空関係者は、「サンフランシスコのローカル放送局のKTVUが操縦士の名前を紹介する際にアジア人をさげすむ表現を使ったが、これは操縦士と会社の名誉を深刻に傷つけた事件だ」と話した。KTVUは12日の放送で、操縦士の名前を「Sum Ting Wong」「Wi Tu Lo」「Ho Lee Fuk」「Bang ding Ow」と報道した。これは「何か間違えた(Something Wrong)」「とても低く飛んでいる(We Too Low)」「くそったれ(Holy Fu××)」「ドーン、ドシン、オゥ(Bang,Ding,Ow)」という意味だ。ニューヨーク韓人会も14日に声明を発表し、「NTSBと現地メディアが偏向的で人種差別的な報道をしている」とし真相究明と責任を要求した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事