韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”であわや大事故

韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”であわや大事故

2014年05月01日11時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  セウォル号沈没を機に社会全般にわたって公共の安全への憂慮が広がる中、軍で各種事故が相次いでいる。

  先月29日午前には17戦闘飛行団訓練の過程で、ファントム戦闘機に装着された短距離空対空ミサイル(AIM-9)が分離落下する事故が発生した。戦闘機は離陸のため滑走路で速度を出していたところだった。ミサイルは地面にぶつかった衝撃で一部が破損したが爆発することはなかった。幸い人命への被害はなかったが、ミサイルが爆発していれば大事故につながりかねないところだった。

  軍関係者は「2001年、F-5戦闘機に装着されたAIM-9ミサイルが誤射されたことはあったが、戦闘機からミサイルが分離落下するのはきわめて異例」としながら「ミサイルが分離落下した原因を調査中」と話した。空軍の関係者は「戦闘機やミサイルの欠陥や整備不良など色々な可能性を念頭に置きながら調査している」と明らかにした。

  セウォル号事故後、全軍に飲酒禁止令が下されたが、陸軍本部所属の憲兵将校が飲酒運転をして摘発されたりもした。

  陸軍本部の憲兵室所属のA大佐は先月25日午後11時ごろ、忠清南道鶏龍市(チュンチョンナムド・ケリョンシ)の陸軍本部近くで自身の乗用車を運転して警察の取り締まりを受けた。取り締まり当時、血中アルコール濃度0.08%と測定された。100日間の免許停止(0.05%以上、0.1%未満)に相当する数値だ。A大佐は調査で、東鶴寺(トンハクサ)近隣で友人と酒を飲んだと明らかにした。これに先立ち19日には陸軍義務学校所属の大尉が飲酒運転で摘発された。血中アルコール濃度は免許取り消し処分に該当する0.164%だった。

  北朝鮮の無人機によって防空網に穴があけられた状況があらわれ、全軍で非常事態となった4月初めには、全羅南道木浦(チョンラナムド・モクポ)の第3艦隊に停泊していた1800トン級護衛艦ソウル艦から30ミリ艦砲1発が誤射されるという信じがたい事故が起きた。この砲弾は、近隣に停泊していた忠南艦をかすめて部隊近隣の山に落下した。幸い民間人などの被害はなかったが、ソウル艦に乗船していた副士官1人が手に傷を負った。当時、砲身が高く置かれた状況だったため大事故にはつながらなかったけれど、もし韓国の艦艇や部隊の方向に正照準されていたら数多くの人命被害が発生する惨事につながりかねない事故だった。

  今年に入って軍は、張成沢(チャン・ソンテク)の処刑や北朝鮮の第4次核実験の可能性に備えるために軍規強化を高めたが、年初から事故は絶えなかった。新年初日には江原道華川(カンウォンド・ファチョン)で陸軍大尉が飲酒運転をして中央線を超えて対抗車と正面衝突し、3月には海軍所属の副士官が飲酒運転による交通事故を起こして逃走し、警察に逮捕された。

  頻繁な軍規事故は、規律の弛緩が主な要因だ。一部では、軍の疲労感も原因として指摘している。ある一線部隊の関係者は「昨年末から警戒勤務や対備態勢の強化など緊張を強化する雰囲気が数カ月続いた」として「禁止事項も多くなりストレスが続いて内部の雰囲気が良くない」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事