JYJ、エイベックスとの長い紛争終了…「日本活動にも青信号」

JYJ、エイベックスとの長い紛争終了…「日本活動にも青信号」

2014年02月17日08時58分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
JYJ。
  3人組のJYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)の日本での活動に青信号がついた。

  所属会社C-JeSエンターテインメントは16日、公式ホームページに「C-JeS(JYJ)とエイベックスは、両者間にこれまで発生したすべての法的紛争を終了することで和解しました。C-JeSとエイベックスは今後、双方の活動にそれぞれ一切干渉しないものです」と明らかにした。

  JYJの日本での活動とエイベックスとの紛争に関連して昨年1月、東京地方裁判所はエイベックスにJYJの日本国内での独占マネジメント権を主張するなどの行為を禁止し、JYJの所属事務所であるC-JeSエンターテインメントに約6億6000万円の損害賠償金を支払うよう判決を下した。昨年の勝訴以後、エイベックスはこれについて控訴し、結局は東京高等裁判所の積極的な仲裁で双方の和解を導き出した。

  JYJは2009年11月、SMの専属契約の効力停止仮処分を受けた後、C-JeSエンターテインメントを通じて2010年2月頃にエイベックス社と契約をした。だが活動範囲に関して双方の意見が衝突するとエイベックスは2010年9月頃に一方的な契約中止を通知した。C-JeSはエイベックスに対して専属契約の解約を通知し、日本国内で独自の活動を進めた。その後エイベックスはJYJに対する日本国内の独占マネジメント権があると主張した。JYJ側が日本の裁判所に妨害行為などの禁止および損害賠償などを請求し、昨年1月の1審勝訴判決を引き出したのに続き、ついに裁判所を通じて最終的な和解が成立したのだ。

  C-JeSエンターテインメントのペク・チャンジュ代表は「日本裁判所がJYJの日本活動を保障する内容の1審判決と2審の和解を導いて下さったことに感謝申し上げる。これで日本活動に関するすべての紛争を終えることになった」として「エイベックスとJYJの活動に一切干渉しないことで和解し、今後のJYJの日本での活動が法的にも保障されたことを公式に確認されたという点に最も意味がある。メンバーの長い法的紛争が皆終わってうれしく、今後は日本のファンたちにもっと頻繁に、さらに近く、ステージを通じて会えるよう希望する」と明らかにした。

  JYJは昨年4月、韓国歌手として初めて東京ドーム(約5万人収容)で3回連続公演を行った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事