【コラム】韓国政府の経済チーム、「創造経済」を探して道に迷う(1)

【コラム】韓国政府の経済チーム、「創造経済」を探して道に迷う(1)

2013年04月24日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国政府の経済チームは「創造経済」の方向性を見いだせないでいる。
  次の共通点は何だろうか。(1)運動量と熱量を知らせる運動靴(2)植物をベランダで育てる時に決まった時間になると水を与える科学技術が結びついた装置(3)科学技術を利用して上階の騒音を減らす方法(4)外部温度により色が変わる花の海外輸出(5)ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのように創造力が豊富な融合型人材(6)PSYの『ジェントルマン』。

  正解は朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が言及した「創造経済」の例だ。このように具体的な例示をしたにもかかわらずまだ「創造経済」が何かよくわからないならば朴大統領が直接明らかにした「創造経済」の定義を挙げてみよう。朴大統領によると「創造経済とは果敢なパラダイム転換で創意性を経済の核心価値に置き、科学技術と情報通信技術(ICT)の融合を通じて産業と産業が融合し、産業と文化が融合して新しい付加価値を創り出し、新しい雇用を作り出すこと」だ。これで創造経済がなにか理解できただろうか。たぶんそうではないだろう。JTBCのトークショー「舌戦」の進行者は「最近まったくわからない3種類がある。それは朴槿恵の創造経済、安哲秀(アン・チョルス)の新しい政治、金正恩(キム・ジョンウン)の考え」と話した。

  そのためか創造経済の実体を糾明しようとする努力はその後も政府内で絶えず続いている。ついに首相傘下の経済人文社会研究会は22日に各界の「創造経済」専門家らを呼び、第1次創造経済総合討論会を開いたりした。しかしここでも創造経済の神秘な姿は明確に現われなかった。討論会に参加したある教授は、「創造経済の概念はそれほど大層ではない。いわゆる“SKY大学”(ソウル大学、高麗大学、延世大学の3大学)を出なくても金を稼げる経済、創業して失敗しても路頭に迷わない経済、大企業の足を引っ張らない経済、スティーブ・ジョブズでなくても大ヒットを出す経済、失敗が創造の元手になる経済が創造経済だ」と説明した(東亜日報4月23日付B4面)。このように説明しても概念が捕えられないのか他の参席者は「創造経済を規定すること自体が非創造的」とし、「創造経済の概念を議論することより、創造経済という目的を実現する手段を議論する時だ」と話した。創造が何かよくわからないがひとまずやってみようということだ。討論会が第1次であるのを見ると創造経済糾明に向けた汎政府レベルの討論は今後も続くようだ。

  ところで全国が創造経済を探しさまよう間に新たに創造しようとする経済はしきりに転んでばかりいる気の毒な境遇だ。円安の空襲に輸出企業が悲鳴を上げ、経済成長率見通しはますます暗くなっている。企業はお金を貯め込んだまま投資をせず、消費者は財布を開かない。輸出と内需(投資と消費)が止まれば経済成長が止まり、成長が止まれば雇用が減る。しかし朴槿恵政権の経済チームは黙して答えず、これといった対策を出していない。事実、対策をまったく出さないのではない。景気を回復させるとして追加補正予算案を提示したし、不動産景気活性化対策も発表した。しかしこのような個別措置がどのような関連性を持ち、効果はどの程度かに対する説明はない。この程度で経済を回復できるということなのか、回復するならば経済がどの程度良くなるのかまったくわからない。韓国経済全般の不振を払いのけ状況を反転させるほどの画期的で総合的なビジョンがないのだ。まるで総論はなく各論だけ散発的に出す格好だ。

【コラム】韓国政府の経済チーム、「創造経済」を探して道に迷う(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事