<野球>「韓国語下手」な斗山ソン・イルス新任監督、「疎通野球」に問題なし

<野球>「韓国語下手」な斗山ソン・イルス新任監督、「疎通野球」に問題なし

2013年11月28日16時17分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソン・イルス斗山(トゥサン)ベアーズ新任監督(63)。
  在日同胞出身のソン・イルス斗山(トゥサン)ベアーズ新任監督(63)は、韓国語が下手だ。だが彼が駆使することになる「疎通の野球」には、大した問題にはならない見通しだ。

  ソン・イルス新任監督は昨年末、斗山2軍の指揮をとりながら韓国のプロ野球に足を踏み入れた。すでに日本のプロ野球で専門分野が強かった彼は、慣れない土地での新しい挑戦を拒まなかった。韓国野球との縁は、1984年から2年間サムスンのユニホームを着て活躍したのが全てだったが、楽天で7年間(2005~2012年)アジア地域のスカウトとして活動して接した韓国野球に十分な魅力を感じたためだ。そんな彼が27日、斗山の新任監督に選任された。

  不安の声はある。ソン・イルス新任監督は日本でずっと生活したために韓国語が下手で、生活・文化圏も外国人監督と変わらないからだ。これまで韓国には外国人指導者がコーチとして活動するケースは多かったが、監督は簡単には探せなかった。2007年から2010年までロッテ・ジャイアンツの指令塔だったジェリー・ロイスター監督が国内初であり現在まで唯一の外国人監督だ。

  野球はほかの種目と違い、監督の精密な作戦と同じぐらいに選手1人ひとりの能力と特性が試合の仲で重要な比重を占める。したがって選手たちをより多く知っていて把握しやすい国内監督がチームを運営するのに効果的という考えだ。特に選手たちとの疎通において外国人監督がチームにうまくなじむのが難しいという憂慮の声も高い。ロイスター監督もロッテ監督在任時は着実に成績を残したが、選手たちとのコミュニケーション過程で困難も体験した。ロイスター監督は「カーティス・ジョーン(当時の通訳)が選手出身だという長所があるが、表現上、微妙な差まで詳細には説明できない。私が感じて考えていることを正確に伝えるのには限界があるようだ」と話したことがある。野球文化に対する差があるという点も、もうひとつの適応課題だ。投球数に対する概念や練習方法、チームの運営方式などがこれに含まれる。

  だが、ソン・イルス監督に現場で接した球団関係者や選手たちは「大きな問題はない」との反応だ。2軍で1シーズンの間、韓国野球に接しながら選手たちの把握やリーグの流れを見る時間が充分だったとのことだ。2軍球団の関係者は「監督は決して若くない年齢なのにとても活動的で、選手たちの中に入るだけでなく職員とも親近感を持って過ごしている。いたずらもたくさんやって、韓国文化や韓国語に対する関心と理解度も高い。今は韓国語が下手でも、対話の60%程度は韓国語での消化が可能だ。ほとんどのことは全て理解している」と伝えた。

  グラウンドでは勝負師気質も多いが、選手たちにとっては誰よりも温かくて穏やかな指導者だ。斗山のユ・チャンジュン投手は「監督は韓国語が下手でも常に選手たちに先に近づいて、からかいながら身ぶり手ぶりでコミュニケーションをとる。いつも何かを尋ねて理解して、分かろうとしてくれることに感謝している」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事