米CNN「北、両江道に長距離ミサイル基地を大幅拡張中」

米CNN「北、両江道に長距離ミサイル基地を大幅拡張中」

2018年12月06日10時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
CNNが5日(現地時間)、米ミドルベリー国際大学院モントレー校から単独入手した新たな人工衛星写真を根拠に、北朝鮮が今年6月シンガポール米朝首脳会談以降も両江道ヨンジョ洞の長距離ミサイル基地を大幅に拡張してきたとみられると報じた。(写真=CNNキャプチャー)
  北朝鮮が今年6月のシンガポール米朝首脳会談以降も両江道(ヤンガンド)ヨンジョ洞の長距離ミサイル基地を大幅に拡張してきたとみられると、米国CNN放送が5日(現地時間)、報じた。CNNは米ミドルベリー国際大学院モントレー校から単独入手した新たな人工衛星写真を根拠にこのような動きが見られると伝えた。

  報道によると、北朝鮮は昨年ヨンジョ洞一帯に米本土まで射程距離がある長距離核弾頭ミサイル基地として活用できる巨大な地下施設を建設した。これは米情報当局も認知している未申告の長距離ミサイル基地で、今回の衛星写真を通じて従来の施設から7マイル(約11キロ)離れた地点に新たな施設が建設中であることが確認された。工事はドナルド・トランプ米国大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の間で行われた6月首脳会談以降の8月も継続して進められていた。

  ジェフリー・ルイス研究員は「金正恩委員長が会談で非核化に対する意志をどのように標ぼうしようが北朝鮮は引き続き核ミサイルを生産して配備している」と主張した。CNNも、これは米朝首脳会談および過去5カ月間の間欠的な交渉にもかかわらず、米国と北朝鮮が非核化イシューでどれほど距離があるかを示す現実だと指摘した。

  これに先立ち、11月米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は、北朝鮮が秘密裏にミサイル開発を継続しているという衛星写真分析結果を発表したことがある。当時、CSISは北朝鮮の未申告(undeclared)ミサイル基地にはサッカンモル以外にも両江道と慈江道(チャガンド)、そして咸鏡南道(ハムギョンナムド)の上南里(サンナムリ)地下基地が含まれていると伝えた。今回報じられた基地はこのうち両江道に該当するとみられ、既存の未申告施設以外に追加で拡張建設が進められていることを意味する。

  北朝鮮内陸山岳地域に位置すると紹介された「ヨンジョ洞」基地は、これに先立ち韓国および米国メディアで「ヨンジョ里」基地として紹介されてきた場所である可能性が高い。米国ワシントン・ポスト(WP)は1999年7月、「青瓦台関係者」の言葉を引用し、北朝鮮が中国国境から12マイル(約20キロ)離れたヨンジョ里山岳地域にテポドン1・2号ミサイルを発射できる基地を建設中だと初めて報じた。同年10月、韓国軍当局もヨンジョ里、黄海北道(ファンヘブクド)サッカンモルなど6カ所で北朝鮮がスカッドミサイル基地の工事を進めていると明らかにした。

  CNN報道に関連し、米国防総省のクリス・ローガン東アジア太平洋担当報道官は「我々は北朝鮮活動を綿密に注目しつつ、外交交渉を尊重する。情報関連の論評はしない」と明らかにしたとCNNは伝えた。国務省も関連論評を拒否した。これに先立ち、トランプ大統領はCSIS報告書にある未申告基地問題に関連し、「異常なこと(out ofthe normal)は全く起きなくなっている」と述べ、関連するニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道が「フェイクニュース」だという反応を示した。米情報当局が北朝鮮の核ミサイル関連活動を把握しているが、これは米朝首脳会談時に議論された範囲から外れていないという立場だ。

  しかし、代表的な北朝鮮強硬派であるジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、最近ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の年次最高経営責任者(CEO)会議に参加し、北朝鮮の約束履行に関する質問に「現在までは遵守していない。そのため、トランプ大統領は首脳会談を行えば生産的になり得ると考えている」と述べ、北朝鮮に2回目の会談成功を圧迫したことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事