“電気自動車F1” 早ければ2013年ごろ登場

“電気自動車F1” 早ければ2013年ごろ登場

2011年04月05日11時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米カンザスシティー・ドラサレ高校の生徒がブリヂストンの支援を受けて昨年8月に製作したF1スタイルの電気自動車。
  



  フォーミュラワンワールドチャンピオンシップ(F1)大会に遠からず電気自動車が出場する見込みだ。

  ジャン・トッド国際自動車連盟(FIA)会長は4日、英フィナンシャルタイムズ(FT)とのインタビューで、「F1組織委員会が欧州執行委員会(EC)とともに電気自動車チャンピオンシップグランプリの開催について話し合っている」と明らかにした。

  トッド会長は「一日も早く新しいエネルギー(電気)を使うカーレースを見たい」とし「早ければ2013年ごろ最初の電気自動車レースを開催せきるだろう」と述べた。

  F1電気自動車部門の導入はトッド会長と欧州執行委員会の利害が一致したからだ。双方は電気車を欧州に広く普及させることを望んでいる。EU執行委員(産業・起業担当)のアントニオ・タヤーニ氏は「欧州自動車会社に全面的な転換をさせるのが私の権限であり義務」と述べた。

  電気車は世界自動車業界の次世代プロジェクト。日本の日産と米国のGM(ゼネラルモーターズ)は先を競って効率性が高い電気自動車を開発している。欧州ではフランスのプジョーとルノー、ドイツのダイムラーとBMWなどが電気自動車とハイブリッド車の生産に取り組んでいる。

  しかし欧州自動車会社は電気自動車よりも従来のディーゼルエンジンを環境・高効率基準に合わせて改善する方向により多くの資金と人材を投入している。

【ホットクリック】

・韓国実効支配カード「独島海洋科学基地」に日本が敏感な反応
・【時視各角】龍馬、テレビの中だけで駆け回るのか
・トヨタ・カローラ、‘耐久性と燃費’で韓国ライバル車と勝負
・キム・テヒ、韓国俳優で初めて日本ファッション誌の専属モデルに
・韓・EU間FTA協定文の誤訳207件 通商交渉本部長が謝罪
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事