韓日、鉄道・船舶連係運送事業を推進

韓日、鉄道・船舶連係運送事業を推進

2006年02月17日19時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国鉄道公社(社長、李哲)は17日、鉄道と船舶を利用してコンテナ貨物を航空運賃より安く速く日本まで運ぶ「複合一貫運送サービス」を推進中だと、明らかにした。

  このサービスは、鉄道公社が日本鉄道貨物株式会社(JR Freight)との実務協議を通じて、12フィート(積載量5トン)コンテナ貨物を鉄道と海運を連係して運送する国際複合一貫輸送事業を推進することに合意したことで推進されている。

  特に、この運送サービスは、従来の航空運送料金より低廉でありながら、ソウル-東京間を48時間以内で配送(Door to Door)できるため、首都圏で急増している電子・電気部品などの少量多品種高付加価値商品で航空運送に取って代わると予想される。

  鉄道公社のパク・チュンソン物流事業団長は「韓中日国際物流協力の新しいモデルに発展する可能性が高い」とし、「日本側と緊密な協議が行われており、4月中に了解覚書(MOU)を締結し、早ければ7月から営業を開始できるだろう」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事