夏の電力危機、しかし明洞に行ってみると…

夏の電力危機、しかし明洞に行ってみると…

2012年05月29日14時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国電力の職員とエネルギー市民連帯の会員が24日、ソウル明洞(ミョンドン)で、ドアを開けたままエアコンをつけて営業している店に省エネを呼びかけている。 室外温度が26度だったこの日午後2時40分、店内の温度計は23.4度を表示している。
  24日午後2時、ソウル明洞(ミョンドン)の化粧品売り場。 店内に入る前、中から冷たい空気が流れてくる。 室内に設置されたエアコンのためだ。 エアコンが表示している室内温度は20度。 適正室内温度(26度)を大きく下回る。 この日は涼しい天気だった。 出入り口も開かれている。

  「室内の温度は26度に維持しなければいけません。 特にドアを開けてエアコンをつければ7月からは過怠金が科されます」。

  ソウル市エネルギー政策チームのチェ・ヨンス・チーム長がこの店のマネジャー、シン・ウンジさん(27、女性)に「電気節約実践」と書かれたビラを渡しながら伝えた。 シンさんは不満そうな表情で「分かった」と短く答弁した。 しかし取り締まり班が去っていくと、 シンさんは「エネルギー節約という政府の政策には共感するが、扉を閉めて温度まで高めれば客は来ない」と訴えた。

  ソウル市が中区庁・韓国電力の職員ら約60人と明洞一帯の商店(3300カ所)を対象に省エネキャンペーンを繰り広げたこの日、あちこちから不満の声が出てきた。 ドアが開いている店に入ってビラを配り、室内適正温度を強調する指導・取り締まり班に対し、店員らは反発した。

  この日の試験取り締まり対象は夏季の適正室内温度に合わさず、出入口を開けたままエアコンをつけているケースだ。 取り締まり班は事業主に電力の需要が多い午後2-5時には冷房機の使用を控えてほしいと呼びかけた。

  ソウル市が取り締まりを行っているのは、昨年より10度も高い初夏の天気が続き、電力の需要が急増しているからだ。 今年は一部の原発の稼働が中断し、保寧(ボリョン)火力発電所に火災まで発生したため、電力供給への支障が懸念されている。

  これに対し韓国政府は最近、「夏季電力需給およびエネルギー節約対策」を発表した。 これを受け、ソウル市はまず1カ月間、市内の商店を対象に指導を行う。 知識経済部の告示が確定する7月からは、出入り口を開放したまま冷房をしようする店舗に過怠金を科す。 1次摘発は50万ウォン(約3万4000円)、2次は100万ウォンなど過怠金は最高300万ウォンとなる。

  ソウル市緑色エネルギー課のイ・イングン課長は「明洞を最初の指導・取り締まり対象地に選択した理由は、ソウルの代表的な観光地であるため」とし「市民の協調と意識転換が求められる」と述べた。

  しかし商売人の反応はよくない。 明洞は外国人観光客など一日平均540万人が集まる観光特区。 ほとんどがロードショップ形態であるため、店を開けたまま営業をする。 また店のあちこちの照明をつけるため、エアコンの室内温度を26度に維持し、扉を閉じると、事実上、体感温度は30度近くなる。

  明洞観光地区協議会のイ・ドンヒ事務局長(53)は「ロードショップにデパートの売り場と同じ室内適正温度を適用するのは問題がある」と述べた。 協議会は近いうちに会議を開き、適正室内温度を22-24度にしようという提案を政府に伝えることにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事