アジアパラ大会で南北合同入場…南は車いすを押し、北は統一旗掲げる

アジアパラ大会で南北合同入場…南は車いすを押し、北は統一旗掲げる

2018年10月07日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
南北合同チーム共同旗手のキム・ソンミ選手(フェンシング)と北側シム・スンヒョク選手(水泳)が6日にインドネシア・ジャカルタで開かれた大会開幕式に統一旗を持って同時入場している。(写真=共同取材団)
  南北の選手団が合同入場する中で2018インドネシア・アジアパラ競技大会に出場した選手団が8日間の熱戦に突入した。

  韓国時間6日午後9時、インドネシア・ジャカルタのグロラ・ブンカルノ・スタジアムでは第12回アジアパラ競技大会開幕式が開かれた。南北はパラスポーツ史上初めて総合国際大会で合同入場した。「コリア」選手団は43カ国中14番目に入場した。チョン・ミンシク団長率いる南側選手団は154人、チョン・ヒョン団長率いる北側選手団は20人だった。

  共同旗手には南側から車いすフェンシングのキム・ソンミと北側から水泳のシム・スンヒョクが出た。キム・ソンミは2010年広州大会で銀メダル、2014年仁川(インチョン)大会で銅メダルを獲得した女子フェンシングの看板選手だ。シム・スンヒョクは仁川大会に初めて出場し、男子平泳ぎ100mで3位となり北朝鮮史上初めてメダルを取った。キム・ソンミはシム・スンヒョクの車いすを押し、シム・スンヒョクは統一旗を高く掲げた。

  競技場の観覧席でこれを見守ったノ・テガン文化体育観光部第2次官、キム・ソンイルIPC執行委員、アン・グァンイル駐インドネシア北朝鮮大使が選手らに大きな拍手を送った。選手団代表であるイ・ミョンホ大韓障害者スポーツ会長とキム・ムンチョル朝鮮障害者保護連盟中央委員会委員長(北朝鮮パラリンピック委員長兼職)は手をつないだ。南北の選手らは手を取り合って同時入場した。

  韓国は今大会に17種目に選手202人、役員105人の307人が参加し、金メダル33個、銀メダル43個、銅メダル49個、総合順位3位を目標にしている。初めて出場した仁川大会で銅メダル2個を獲得した北朝鮮は、卓球、水泳、陸上に7人の選手を派遣した。卓球団体戦(障害等級TT6-7)と男子水泳リレー、メドレーリレー400m34Pでは合同チームを出場させる。アジア大会と同じく合同チームの競技結果は「コリア」として集計される。

  今回の大会ではアジアパラ競技大会で初めて試みたコリアハウスも南北がともに使う。ジャカルタのスルタンホテルに位置したコリアハウスは7日に公式開館式を行い南北スポーツ交流の総体的ハブとして運営される。「民族の夜」など共同行事開催、選手団に対する休憩スペースなどの便宜提供と韓国料理支援、南北交流館で運営される。

  9日昼に南北卓球選手の最初の競技が開かれる競技場で会った南北のパラスポーツトップは初めての南北合同入場と合同チームの意味を強調した。イ・ミョンホ大韓障害者スポーツ会長は「南北の障害者選手を通じわれわれが統一へ進む道で先に立ち国際舞台で南北障害者の威力を世界にとどろかせたら良いだろう。今回だけでなく今後も南北が情報、装備、技術を積極的に交流し良い成果をもたらすことを望む」と話した。

  キム・ムンチョル朝鮮障害者保護連盟中央委員会委員長は「9月に北と南の首脳が平壌で会い賢い合意を引き出した。すぐに南北障害者スポーツが国際舞台に共同進出することになった。首脳が作った良い雰囲気を生活的に見せることになった」と意味を付与した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事