【コラム】トランプ大統領の新冷戦宣言、韓国には重い負担(1)

【コラム】トランプ大統領の新冷戦宣言、韓国には重い負担(1)

2017年12月22日14時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【コラム】トランプ大統領の新冷戦宣言、韓国には重い負担
  「中国とロシアは米国の価値と利益に反する世界を作ろうとしている。中国はインド太平洋地域から米国を追い出そうとしている」。トランプ米大統領の国家安全保障戦略(NSS)発表が18日に予告された時、我々が注目したのは北朝鮮に対してどれほど好戦的な内容が入るかだった。しかしトランプ政権の外交・安保政策の指針となるNSSは事実上、中国とロシアに対する新冷戦の宣戦布告が軸になっている。トランプ大統領はNSSを発表する演説でこのように宣言したが、「望もうが望むまいが、我々は新しい競争の時代に突入している。強力な軍事、経済、政治的抗争が世界を舞台に展開している」。トランプ大統領は政治学者ズビグネフ・ブレジンスキー氏が述べた韓半島(朝鮮半島)を超える「巨大なチェス盤」を宣言したのだ。

  北朝鮮の核問題を緊急懸案として抱える韓国にとって、米国対中国・ロシアの新たな対決構図は極めて不吉だ。核・ミサイルを含む北朝鮮問題は、中国の協力なく、中国の意思に反しては決して解決しない。程度の差こそあれ、ロシアも同じだ。トランプ大統領は中国の習近平政権の軍事力強化と一帯一路(One Belt One Road)というシルクロード経済構想を米国主導の世界秩序に対する挑戦と認識している。このためオバマ政権までの協力パートナー関係を破棄し、正面対決の路線を選択したとみられる。NSSに「我々はインドが主要グローバルパワー、我々の強力な戦略的防衛パートナーとして登場したことを歓迎する」という一節が入った理由だ。一帯一路という遠大な構想で「中国の夢」を実現するという中国の野望を、インドから韓半島までの三日月形の連帯であるインド太平洋戦略で遮断するという強い意志が表れている。

  北朝鮮への言及は17回にのぼるが、韓国への言及は聞き慣れた原則的なレベルにとどまった。数百万人の米国人の生命を脅かす北の核を必ず解決する、北核という世界的な脅威に世界的な対応が必要だ、北朝鮮のミサイルを発射前に破壊する重層的なミサイル防衛システムも構築すると述べた。軍事的なオプションも暗示した。しかし頻繁なツイートで北核の軍事的解決も辞さないと主張していたトランプ大統領の姿は、中国・ロシアとの対決、ジハードテログループに対する戦意、イランの核脅威に対する警告の後に退いた。北核に対するトランプ大統領のツイートの長い沈黙も偶然でないという希望的な疑いを抱かせる。しかし金正恩(キム・ジョンウン)委員長に劣らず予測不可能なトランプ大統領が明日にも「北朝鮮完全破壊」レベルの刺激的なツイートをしても驚くことではない。

【コラム】トランプ大統領の新冷戦宣言、韓国には重い負担(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事