【噴水台】口頭介入

【噴水台】口頭介入

2006年01月17日21時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  為替投機家を言葉で脅かす‘口頭介入’は狼少年と同じだ。 「狼が現れた」を乱発すれば嘘つきと認識され、薬効が落ちる。

  口頭介入の世紀的失敗作は英国だった。 ウォール街の投資モンスター、ジョージ・ソロスが「為替投機の皇帝」に浮上したのもこの時だ。 「ブラックウェンズデー」と呼ばれる1992年9月16日。 ソロスにとってこの日は英国銀行を降参させた栄光の日であったし、英国としてはフィナンシャルタイムズの言葉のように「25年来の英国政治・経済史最悪の恥辱」だった。

  当時市場ではポンド切り下げは時間の問題と観測していた。 しかし英国政府は逆に進んだ。 9月12日。 ジョン・メージャー首相は「あらゆる投機的攻撃からポンドを防御する」と宣言した。 強力な口頭介入だったが、投機家らはこれをあざ笑うかのようにポンドを大量に売った。 4日間に230億ポンドが動員されたが、ポンド暴落を防ぐことはできなかった。

  16日午前11時。 ついに英国銀行は金利を10%から12%に引き上げた。 午後2時15分。 金利をまた15%に引き上げた。 一日で金利を2度上げたのは、英国銀行300年の歴史上初めてだった。 しかしすでに‘百薬無効’の状態だった。

  午後6時。 英国は結局、ポンドの防御をあきらめた。 英国政府は33億ポンドの損失を出し、ソロスは1週間で10億ドル(約1兆ウォン)を稼いだ。

  97年10月27日のソウル。 通貨危機当時も口頭介入が乱発された。 当時の市場は、韓国ウォン切り下げを時間の問題と見ていた。 しかし政府は逆に進んだ。 政府は「為替レート1ドル=930ウォン台を必ず守る」とし、「為替投機家リストを公開し、強力に制裁する」と強調した。 しかし韓国ウォンの価値はかえって速く落ちた。 2日後、政府は白旗を掲げた。

  年初から為替レートが尋常でない。 1ドル=980ウォン割れもあった。 この過程で韓国銀行総裁の口頭介入が俎上にのった。総裁の発言で市場がもっと激しく動いたことで、為替レート防御コストがさらに高まったという。

  為替投機擁護論者のミルトン・フリードマンは「為替投機勢力は投機対象通貨が安いときに買い、高い時に売るため、結果的に為替レートの安定に寄与する」と述べた。 政府は投機家と反対に動く。 市場はこの時、より信じられる方を選ぶようになっている。

  投機家か、それとも政府か。市場の選択が気になるが心配だ。 政府はすでに「狼が現れた」と叫び過ぎたのではないだろうか。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事