韓経:東芝、「経営権放棄」突発状況…SKハイニックスにチャンス?

韓経:東芝、「経営権放棄」突発状況…SKハイニックスにチャンス?

2017年02月16日10時26分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  東芝の半導体事業への出資を進めるSKハイニックスが予想外の状況を迎えた。早ければ先週、遅くとも今週初めと予想された優先交渉対象者の発表が遅れている状況で、東芝側が経営権の譲渡もあると明らかにしたからだ。NAND型フラッシュメモリー業界2位の東芝の半導体事業を買収すれば競争力を大幅に強化できる。SKハイニックスは直ちに経営権引き受け案の検討に入った。

  日本メディアによると、東芝は14日の上場企業決算資料提出締め切り日を守れず、決算発表を先送りした。東芝は「一部の経営者が会計処理に不適切な圧力を加えたという指摘があった」と説明した。東芝は暫定実績だけを公開したが、米原子力発電事業の損失だけで7125億円にのぼった。これを受け、2016年末基準で負債が資本を1912億円も上回っている。株価は14日の約8%下落に続き、15日には追加で10%以上も下落した。

  東芝は2016会計年度決算時の3月末までに資本を増強できなければ、東京証券市場1部から2部に降格されるなど難局を迎える。東芝はこのため半導体事業を分社化して株を売却するなどの資本拡充を推進してきた。当初、半導体を分社しても経営権を維持するため20%未満の株を売却する計画だった。しかし14日にこうした方針を変えた。綱川智社長は記者会見で「分社される半導体事業の外部出資比率を50%以上に高める」と明らかにした。特に経営権を譲渡する問題にも「可能性はある」と述べた。

  現在、入札には韓国のSKハイニックス、台湾のフォックスコン、米国のマイクロンとウェスタンデジタルなど10余社が参加中という。SKハイニックスの関係者は「東芝の株式売却について確認できることはない」とし「進行状況を把握中」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事