俳優パク・シフ、新ドラマ『黄金色の私の人生』に出演 人々の反感を克服できるか

俳優パク・シフ、新ドラマ『黄金色の私の人生』に出演 人々の反感を克服できるか

2017年08月30日10時03分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
29日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)タイムスクエア(TIMES SQUARE)でドラマ『黄金色の私の人生』の制作発表会が開かれた。
  ドラマに向けられた期待はパク・シフによって一気に削がれた。事件が一段落してかなり経つが、依然として人々はパク・シフに対して敏感な反応を示している。

  パク・シフの地上波ドラマの復帰は実に5年ぶりとなる。2012年『清潭洞<チョンダムドン>アリス』〔SBS(ソウル放送)〕以降となる地上波ドラマだ。パク・シフは2013年2月、20代女性Aさんに性的暴行を加えた容疑で俳優Kとともに訴えられた。その1カ月後、Aさんは、不拘束起訴意見で検察に書類送検されていたパク・シフに対する告訴を取り下げた。パク・シフは不起訴処分を受けて事件は一段落した。その後は日本や中国を行き来しながら活動領域を広げてきた。

  こうして戻ってきたドラマが『黄金色の私の人生』(原題)だ。過去にドラマ『検事プリンセス』(2010年)で息を合わせた脚本家ソ・ヒョンギョンの積極的な後押しで地上波ドラマへの復帰が実現した。キム・ヒョンソクPDは29日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)タイムスクエア(TIMES SQUARE)で開かれたドラマの制作発表会で、パク・シフのキャスティング過程について「悩みはあったが長くはなかった。台本を見た時、パク・シフのキャスティングが最適だと考えた。チェ・トギョン(パク・シフが演じるキャラクター)の役作りのため懸命に頑張っている。視聴者が楽しんでもらえるよう努力したい。あたたかい視線で見守ってほしい」と述べた。

  この日、パク・シフは発表会に先立ち舞台に上がり「良い作品で皆さんにご挨拶することになり光栄だ。今、この席を借りて、多くの時間は過ぎたものの、個人的にご心配をおかけした点を心からお詫び申し上げたい」とし「さまざまな懸念と逆境の中でも私を信じてくれたソ・ヒョンギョンさんとキム・ヒョンソクさん、KBSと共演者の方々、また視聴者の皆さんに、害にならないように真心を尽くして作品に取り組みたいと思っている。このドラマは幸せに気づかせてくれる作品だ。あたたかい視線で見てほしい」と挨拶して頭を下げた。

  『黄金色の私の人生』は、運もお金もコネもない「土のスプーン」(貧困層)を抜け出したい「3無女」に偽の身分上昇という人生のビッグチャンスが舞い込んできたことで繰り広げられる黄金色の人生経験記を描いた、世代を越えて共感できる家族ドラマだ。

  ヒロインを演じる女優シン・ヘソンはソ・ヒョンギョンの目に止まった。ヒットドラマ『いとしのソヨン』の主人公を演じた女優イ・ボヨンのような成長の可能性を彼女の中に見出している。シン・ヘソンは「緊張もしていて、負担がないといったらうそになる。どのような作品に出演しても役に対する負担があり、うまく演じたいと思う気持ちがあるが、今回はそういう願望とプレッシャーがさらに大きかった。撮影があるたびに一生懸命やろうと努力している」と明らかにした。

  また、パク・シフとの共演について「初めて会った時はかなり紳士っぽい感じを受けた。キャラクターが紳士なのにコミカルで茶目っ気もあるので、初撮影から気負いなく、息もかなり合うなと思った」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事