G-DRAGONの“愛馬”ランボルギーニ、PVに登場

G-DRAGONの“愛馬”ランボルギーニ、PVに登場

2013年10月07日11時26分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
G-DRAGON
  “トレンドセッター”G-DRAGON(25、本名クォン・ジヨン)が独特のコンセプトによるプロモーションビデオ(PV)を試みた。

  G-DRAGONは5日午後、京畿道一山(キョンギド・イルサン)の韓国国際展示場(KINTEX)展示館で約1000人のファンたちとセカンドアルバム収録曲『WHO YOU?』のPV撮影を行った。G-DRAGONが透明ガラスで囲まれた部屋の中を歩き回ると前に立っていたファンたちがG-DRAGONの姿をカメラに収めていた。約1000人のファンたちが撮った写真や動画を全て集めて『WHO YOU?』のPVを完成させるという変わった試みだ。これまでファンたちがPVに直接出演する場合は何度かあったが、ファンたちが撮影を担当するのは非常に異例的だ。

  この日のPV撮影に参加したファンたちはG-DRAGONファンクラブから選ばれた。「1メートル鼻の先」でG-DRAGONを実際に見られる機会を得たファンたちは休む暇もなく彼の姿を撮影するのに忙しかった。青い目の外国人から日本、中国、香港などアジア全域から集まったファンたちも一緒だった。

  現場にいたあるファンは「こんなPV撮影に直接参加し、楽しくて嬉しい。これほど近くでG-DRAGONを見られるとは夢にも思わなかった。ファンのためにこのような場を作ってくれて本当にありがたいと思う」と話し満足そうだった。

  撮影は4つのセットで進行された。G-DRAGONの日常をPVに盛り込むコンセプト。G-DRAGONが着た舞台衣装を集めたドレスルームやソファ・人形などをそのまま移したリビング、ピアノが置かれた練習室、“愛馬”ランボルギーニが駐車してあるガレージと多様だ。小道具のうち最も目についたのは5億7000万ウォン(約5164万円)のドリームカー、ランボルギーニ・アヴェンタドール。G-DRAGONの愛車としてPV撮影のために初公開した。クロムハーツ・MCMなどこれまでG-DRAGONが舞台内外で着た衣装や小道具などもセットに登場した。デニムシャツにジーンズウォーカーをはいたカジュアルな姿で撮影会場のあちこちを歩き回った。

  G-DRAGONは『WHO YOU?』をはじめとして『COUP D’E TAT』『Crooked』『GO』などセカンドアルバム収録曲中の4曲のPVを撮った。所属事務所関係者は「今回のPVは意味が特別だ。G-DRAGONとファンの親密さを感じられるはずだ」と説明した。

  ソロワールドツアーを終えたG-DRAGONは当分、韓国内でソロセカンドアルバムの活動を継続する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事