アルバイト職員が選ぶ社長の「よくつく嘘」1位は?

アルバイト職員が選ぶ社長の「よくつく嘘」1位は?

2007年01月19日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  冬休みを迎え、小遣い稼ぎと社会経験を兼ねてアルバイトをする学生が増えている。 しかしアルバイトは必ずしも良い思い出になるとは限らない。

  アルバイト採用ポータル「アルバモン」(www.albamon.com)は最近、473人のアルバイト職員を対象にアンケート調査を実施した。

  「社長または店長がよくつく明らかな嘘は?」という質問に対し、113人(24%)が「今度また遊びにおいで」を選んだ。 この言葉は、アルバイトがやめる時‘残念だ’と思うふりをする社交辞令と感じられるということだ。

  2位は「今日だけもう少し頑張ってくれ」。 突然の夜勤や残業をさせる場合によく使われるが、手当が支払われないケースが多いアルバイト職員にとっては非常に腹立たしい言葉という。 実際、アルバモンの調査によると、夜勤をして夜勤手当を受けたアルバイト職員は5人に1人(19.6%)にすぎなかった。

  3・4位は賃金を支払わず「今月は商売が上手くいかず…」と「来月は必ず支払う」という言葉だった。 賃金が適時に支払われなかった経験があるアルバイト職員が多いということだ。

  このほか「採用公告には時給5000ウォンと書きながら実際には3000ウォンしか支払わない」(11%)という意見も多かった。

  散々重労働をさせておきながら「私はアルバイトを家族のように考えている」(10%)という言葉も心中が見透かされる嘘に選ばれた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事