<韓国大統領選>SNSで巻き返しを図る安哲秀候補

<韓国大統領選>SNSで巻き返しを図る安哲秀候補

2017年05月08日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安哲秀(アン・チョルス)国民の党候補がソウル弘大入口駅で遊説をした。両手をあげて支持者にあいさつしている。
  安哲秀(アン・チョルス)国民の党候補の選挙終盤の核心戦略は「文在寅(ムン・ジェイン)恐怖症」と「洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補に投票すれば文在寅候補が当選する」という点を浮き彫りにすることだ。そのプラットホームは歩き回りながらの遊説とソーシャルネットワークサービス(SNS)だ。

  安候補は7日午後、ソウルの蚕室(チャムシル)駅をはじめ、江南(カンナム)駅、弘大入口(ホンデイプク)駅、新村(シンチョン)駅などを地下鉄2号線で移動しながら遊説をした。4日から大邱(テグ)・釜山(プサン)・光州(クァンジュ)広域市など地域の拠点都市を一日に1カ所ずつ訪問し、遊説車には乗らず歩いて支持者と対話し、一緒に写真を撮る遊説方式だ。

  安候補側は選挙運動の全過程をフェイスブックとユーチューブで生中継している。4-7日の4日間、安候補の選挙運動を生中継したフェイスブックとユーチューブ、カカオトークの照会数は195万件ほど。7日にも安候補のフェイスブックなどに最大8060人が同時に接続し、遊説を見守った。安候補は「歩きながら市民の声を聞き、『大変な世の中を本当に変えなければいけない』ということを実感した」と語った。

  金成植(キム・ソンシク)戦略本部長は「フェイスブックを通じて直接、間接的に安候補の遊説を見た人だけで844万人を超える」とし「安候補が実際に人に会って伝えるメッセージと切迫感で従来の支持層はもちろん留保層までが動いている」と主張した。

  遊説中に安候補が最も集中しているのは文在寅(ムン・ジェイン)共に民主党候補に対する批判だ。安候補はこの日、遊説中に「今回の選挙は過去に戻るか未来に進むかを選択する選挙」とし「1番(文在寅候補)、2番(洪準杓候補)は過去、3番(安候補)は未来」と述べた。特に「青年の夢を奪う3大不正を知っているだろうか」とし「それは入学不正・兵役不正・就職不正。私は必ず3大不正を根絶する」と強調した。文候補の息子の就職不正疑惑を取り上げたのだ。

  安候補側は選挙の終盤に中道・保守層が洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補に傾けば文候補が有利になる点を警戒している。朴智元(パク・ジウォン)常任選挙対策委員長はこの日の記者懇談会で「傍若無人の進歩の文在寅候補を阻止するために傍若無人の保守の洪準杓候補に行くことはできないというのが中道・保守層の結論」と主張した。

  安候補も6日、光州で記者と昼食を取った席で「洪候補に投票すると文候補を落とすこともできず、健全な保守が復活することでもない」とし「こうした点を有権者はよく分かっているはず」と話したりもした。

  金鍾仁(キム・ジョンイン)改革共同政府推進委員長もこの日、フェイスブックで「統合政府」を強調しながら安候補を後押しした。金委員長は「世論が覇権勢力の再執権を阻止している」とし「2012年の安風(安哲秀候補支持の流れ)が再び吹く雰囲気を感じる」と主張した。

  これに先立ち安候補はこの日午前、選挙運動日程を取り消し、大規模な山火事が発生した江原道江陵(カンヌン)を訪れた。安候補は住民が避難している総合高齢者福祉館を訪問し、「(執権すれば)青瓦台(チョンワデ、大統領府)が災難発生時のコントロールセンターにならなければいけない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事