日本東レ、LG化学工場セパレータ設備を30億円で買収

日本東レ、LG化学工場セパレータ設備を30億円で買収

2015年09月16日14時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本科学素材メーカーの東レがLG化学の忠清北道(チュンチョンブクド)梧倉(オチャン)工場の一部設備を30億円に買収と日本経済新聞が16日、報じた。

  報道によると、東レはバッテリーセパレータフィルム(BSF)の100%出資子会社を現地に設立、約100人の職員を新たに採用する計画だ。

  東レは、現在、リチウムイオンバッテリーに注力しているLG化学との提携関係を強化してセパレータ生産能力を増大させる方針だ。

  すでに慶尚北道亀尾(キョンサンブクド・クミ)と日本の栃木県那須塩原市にセパレータ工場を持っている東レは、今回の買収で韓日3カ所の生産体制になると同紙は伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事