【取材日記】LPiハイブリッド車が苦戦する理由

【取材日記】LPiハイブリッド車が苦戦する理由

2010年04月02日16時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   国内に進出した外国企業の間では、韓国の消費者は新製品と先端技術を好む‘アーリーアダプター’として有名だ。 特に携帯電話など情報技術(IT)製品や輸入車でこういう傾向が目立つ。 しかし初期販売に失敗した製品が一つある。 それは自動車に最先端技術を取り入れた「ハイブリッド車」だ。 エンジンと電気モーターを使用し、燃費がガソリンモデルに比べて30%以上もよく、二酸化炭素の排出量を半分以上減らした先端エコカーだ。 米国ではハイブリッド車がアーリーアダプターに人気だ。 実際によく売れている。

  現代・起亜(ヒョンデ・キア)車は昨年7月、「世界初」と広告をしながら液化石油ガス(LPG)燃料を使う「アバンテ」「フォルテ」のLPiハイブリッド車を発売した。 当時ガソリン価格の55%水準だったLPG燃料の価格をガソリンに換算し、燃費が39キロに達するという奇想天外なマーケティング技法も導入した。

  しかし反応はよくなかった。 当初は機関や企業の営業用としてかなり供給されたが、一般消費者が背を向けた。 発売から8カ月が過ぎたが、販売目標(「アバンテ」月1300台、「フォルテ」月800台)の半分にも届いていない。 3月には新車では異例にも10%を超える290万ウォン(約24万円)割引イベントを開いた。 それでも結果はよくなかった。 「アバンテ」が販売平均値をやや上回る800台、「フォルテ」は262台しか売れなかった。 ハイブリッド部品を供給する会社も危機を迎えた。

  韓国の消費者がハイブリッド車に背を向ける最も大きな理由は悪い燃費だ。 「アバンテ」「フォルテ」ハイブリッドの公認燃費は17.8キロだが、実際の燃費は10キロと、同級のガソリン車にも劣るということだ。 最初から燃料効率がガソリンの60-70%にすぎないLPGを採択したこと自体が問題だった。 走行距離が300キロに達しないうちに燃料タンク(45リットル)を満たせという残量警告灯がつくため消費者の不評だ。

  現代車は先月31日(現地時間)、米ニューヨークモーターショーで初めてガソリンハイブリッド車(ソナタ)を出した。 国産リチウムイオン電池を搭載し、同級ガソリン車の「ソナタ」に比べて30-40%ほど燃費を改善したという。 今年下半期から米国で販売に入った後、来年上半期から国内で販売される見込みだ。 ハイブリッド車は将来大きく需要が増えると予想されるエコカーだ。 ここで一歩遅ければ、現代・起亜車の未来にも支障をきたし、韓国自動車産業も後れを取るしかない。 ハイブリッド車にもう少し果敢に投資し、精巧な技術を開発しなければならない理由だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事